« これも良い事なのだ! | トップページ | 相性が悪いのかなぁ・・・ »

2007年10月 3日 (水)

黄色いアサガオって・・・

パパの日記(10月2日)

高校の3年間、僕はアサガオ栽培に凝っていた。もう4半世紀も前のことだ。その時に黄色いアサガオの存在を知った。一度育ててみたかったのだが、当時は手に入れることができず、それ以来黄色いアサガオはまだ見ぬ憧れの存在だった。

実は今年、その黄色いアサガオを僕は初めて育てていたのだ。あまり期待せずに、でもどこかで期待しながら。

どうしてかって言うと、黄色いアサガオは黄色ではないことは知っていたから。

庭でこのアサガオが咲き始めて2ヶ月弱。ほぼ毎日花を咲かせてくれてきたのだが、今日まで記事にする気にはなれなかった。

色に関しては十分覚悟をしていた。残念だったのは、花が開ききらないこと。

2

1

勉強不足で知らなかったのだが、もともと遺伝的に花弁が展開仕切れないことが多いそうだ。それでも何かの拍子で綺麗に咲く日もあるとのこと。

今までで一番綺麗に咲いた花の写真はこちら。先週末のことだ。

3

さすがにこの日は少し嬉しかった。

品種名は満月。満月という言葉で真っ黄色を思い浮かべる人はいないだろう。名前的には嘘にはならない。

4

横から見ると、うっすらと黄色がかっているのがわかる。

四半世紀に及ぶ黄色いアサガオへの憧れ。僕はまだ気持ちの整理をつけられずにいる。

寒くなったらもっと黄色くなるんじゃないだろうか。

黄色いアサガオの黄色のように、淡い期待をまだ抱いているからだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« これも良い事なのだ! | トップページ | 相性が悪いのかなぁ・・・ »

パパの日記」カテゴリの記事

一年草」カテゴリの記事

コメント

JoyPlantさん、こんばんは。JoyPlantさんに会った夏に、20数年ぶりに自分でアサガオを育てていたことに、何かの縁を感じました。憧れだった黄色のアサガオに対面してちょっとガッカリしましたが、知的好奇心はくすぐられました。花弁の縮れの因子と環境要因の交互作用が気になります。でもカルコンだけだとこれ以上黄色が濃くなるのは期待できませんね。

投稿: パパです。 | 2007年10月15日 (月) 21:13

ご無沙汰しております。満月、育てていらしゃったのですね。吹掛絞りで色がほとんどなくなると、地色にカルコンの黄色が出るらしく、花弁が縮れるのもカルコンのせい?とか話題に上がっていました。江戸の押し花の「黄色」にも、わずかに吹掛が現れているそうです。イポメアでカロテノイドの黄色が発色する花がありますが、nilともpurpureaとも交雑できませんでした。

投稿: JoyPlant | 2007年10月14日 (日) 14:15

るなさん、おはようございます。るなさんも都会っ子だったのですか! そんな風には思いませんでした。コンクリートジャングルで見かけた羊歯の一葉に目を留めた小学生。もし今の私が見かけたら、思わず声をかけてしまうかもしれません。でもこのご時世ですから、怖がられるだけかもしれませんね。
私も、校庭がアスファルトで覆われた小学校であるような街で育ちました。さらに田舎もありませんでしたので、今思うと、幼い頃から心のどこかで緑や自然を求めていたのだと思います。結果的に植物関係の仕事に就いたというのも、生まれ育った住環境の影響は大きいですね。

投稿: パパです。 | 2007年10月 4日 (木) 06:28

キュリーさん、おはようございます。何とキュリーさんは、黄色のアサガオの存在を忘れてしまっていたのですか? 確かに存在感はありませんものね。バツが悪そうに、慌てて明日の朝会いにいらっしゃるというコメントには笑ってしまいました。キュリーさんの植物好きが良く伝わるコメントでしたよ。(笑)

投稿: パパです。 | 2007年10月 4日 (木) 06:24

リンジの母さん、おはようございます。確かにお月見の月は黄色で描かれますね。うっかり忘れていました。花はアサガオらしく10cm近くはありますよ。黄色いアサガオは最近でこそ珍しくなくなりましたが、昔はほんとに珍しく入手困難な品種でした。

投稿: パパです。 | 2007年10月 4日 (木) 06:15

☆忘れられない植物が、黄色の朝顔、
というの、なんだかステキですね。
心の中のイメージと現実が食い違うのは、
いたしかたないことかも。
植物関係のお仕事につかれたことと
黄色の朝顔はつながっているのかなぁと
想像しています。
もしそうなら、大切な朝顔ですね。
わたしの植物の想い出は、
緑のない都会で育った小学生の頃に
街中のホコリぽい場所で見つけた羊歯の一葉です。


投稿: るな | 2007年10月 3日 (水) 22:18

こんばんは~パパさん
そいえば 私も植えたこと思い出して見て来ました。いつの間にか 咲き出して 桔梗咲きの白紫ピンク 大輪のピンクブルーのかげで しょんぼりしてました。同じ黄色とはいえない 淡いムーンライトイエローでした。
明日の朝 早く 会って来ます。
そしたら また ご報告いたします。

投稿: キュリー | 2007年10月 3日 (水) 21:53

こんばんは☆黄色の朝顔、初めて知りました&拝見しました!パパさんは本当に植物が好きなのですね〜、高校の時に朝顔栽培に熱中されたなんて、素敵ですね。

確かに、ほんの〜りと黄色がかった、という感じのお花なんですね。エンゼルトランペット?というお花を思い出しました。写真の角度もあるんでしょうか、なんだかとっても大きなお花に見えます。満月か〜、先日のお月見のお月様の色とよく似ていますよ〜。

この種は珍しい種なのでしょうか?だから遺伝子的にも弱い所があるとか。。。?期待が満足のいく結果になりますように♪

投稿: リンジの母 | 2007年10月 3日 (水) 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これも良い事なのだ! | トップページ | 相性が悪いのかなぁ・・・ »