« ありがたや、ありがたや | トップページ | 秋のマジカルミラクルローズ »

2007年10月23日 (火)

千日小鈴はなかなか良い!

パパの日記(10月22日)

4年前ぐらいからだろうか。千日小坊という品種が出回り始めたのは。明らかに千日紅の名前を意識しまくったネーミングに、僕的には好感を抱いていた。

(ちなみにセンニチコウの属名はゴンフレナで、千日小坊の属名はアルテルナンテラ。同じヒユ科だが、属が違う。)

で、庭を手に入れた去年、僕は初めて購入してみた。でも正直なところ、あまりパッとしなかったというのが率直な感想だ。もう少し温かい地方なら良いのだろうけど、北関東で使うにはいまいちだ。矮化剤でガチガチに固められた株は、一見かわいい。でも、そのまんまあまり育たず、寒さで花も葉も茶色になり、みすぼらしくなって終わってしまった。

花の雰囲気に関しては、僕はセンニチコウより千日小坊の方が好きなので、めげずに今年は6月に姉妹品種の千日小鈴を購入。去年千日小坊を植えたのと同じ場所(玄関アプローチ)に植えてみたのだ。

1_10

千日小鈴の花の雰囲気は、千日小坊より色が明るく、丸っこい。

3_7

月並みな表現になってしまうが、本当にコンペイトウそっくりだ。どちらかというと、この千日小鈴の方が僕好み。

4_6

古くなった花は、まるでワレモコウのよう。

2_10

どんな感じに育つかわからなかったが、夏中花を休ませなかったし、丈夫で手がかからず良い品種だ。アルテルナンテラは普通、長日期の夏には花を休ませるものなんだけど、この点で千日小鈴はとっても偉いのだ。

我が家に植えるにはちょっと株が暴れすぎてしまったけど、広い庭や花壇に植えるにはとても良い品種だと思う。来年はぜひ、僕がボランティアをしている保育園に植えてみたいものだ。

だからしっかり種子は採っておこう。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この千日小鈴ではなくって、去年植えた千日小坊の記事はこちら。

2006年12月17日

|

« ありがたや、ありがたや | トップページ | 秋のマジカルミラクルローズ »

パパの日記」カテゴリの記事

一年草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありがたや、ありがたや | トップページ | 秋のマジカルミラクルローズ »