« 何とかせねば・・・ | トップページ | 黄色いアサガオって・・・ »

2007年10月 2日 (火)

これも良い事なのだ!

保育園での園芸ボランティア14(何でも園児のためになる) 

中央の小さな花壇はまあまあ良い感じに回復してきた。ここは心配ないだろう。運動会当日が楽しみ楽しみ。

Photo_4

ころんさんから頂いたクレオメ2株もようやく存在感を示し始めた。

Photo_5

僕はクレオメには特別な思いがある。

子供の頃に良く遊んだ路地裏。毎年夏になると必ずクレオメが咲く家があった。独特の形で実る莢に妙に気を引かれた。ついつい手を伸ばしたくなる。誘惑に負けてその莢を取り、種子を集めて遊んだなぁ。たぶん僕は何度も種子を持ち帰り、そのまま猫の額ほどの庭に播いたはずなんだけど、翌年クレオメの花が咲くことは一度もなかった。今思うと不思議だ。

この保育園にも、クレオメの莢に興味を持つ子がいるのだろうか?

1_2

園の外のサツキの植え込みに植えたガーデンマムが悲しいことになっていた。ようやく株が大きくなり、蕾をたくさん着けて良かったと思っていたら、この有様だ。

うわ~、4ヶ所も踏みつけられてる! やっとここまでになったのに、何てことを! 犯人はどこのどいつだ!? 

僕は冷静に現場検証をした。足跡は小さいから犯人は子供。保育園のフェンスを乗り越える園児はいないだろうし、そうなると事故の線が強い。

わかったぞ。僕の推理はこうだ。

こういう一段高くなった所を小さな子は歩きたがるもの。大方、バランスを崩してガーデンマムを踏みつけてしまったのだろう。

こう考えると、微笑ましい光景だ。だから僕が植える場所の選択を誤ったってこと。

2_3

見事に子供の足型が付いてしまったガーデンマム。これはこれで良い事なのだ。この足型をつけてしまった子は、きっと大事な何かを学んだに違いないから。このガーデンマムはちゃんと園の役に立ったのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

一人ぼっちの園芸ボランティアに、ボランティアの輪が広がるクリックを。いつも応援ありがとうございます。

|

« 何とかせねば・・・ | トップページ | 黄色いアサガオって・・・ »

保育園での園芸ボランティア」カテゴリの記事

コメント

ころんさん、おはようございます。クレオメは熱帯アフリカ原産です。そう思うとまた印象が少し変わりますよね。咲いたばかりの薄い花の色がだんだんと濃くなっていくところも素敵だと思います。和名は、西洋風蝶草というこれまた素敵な名前が付いています。

投稿: パパです。 | 2007年10月 3日 (水) 08:05

いつも応援しています、ころんです。私の名前が出ると”ドッキ”とします。
『クレオメ』と言う名前なんですね。友達に頂いた苗でした。
田舎に住みながらも初めて見た花でした。
見れば見るほど神秘的ですよね。
花びらがだんだんに開いていく形に見とれてしまいました。
切花にして家の中に飾るとパアっと明るくなってとても素敵な花です。
ペチニアも最高潮で運動会が楽しみですね。(‘‘)
花壇を見てビックリするパパ・ママの顔が
楽しみですね(ルンルン)


投稿: ころん | 2007年10月 2日 (火) 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何とかせねば・・・ | トップページ | 黄色いアサガオって・・・ »