« 2007年10月30日 | トップページ | 2007年11月1日 »

2007年10月31日 (水)

息子との駆け引き♪

10月28日

『パパぁ、何してんの?』

『今まで植えてたのを全部抜いてね、腐葉土や牛うんちを入れて土を良くするんだよ。今度植える植物が元気に育つようにさ。この場所は土が悪かったから結構大変なんだ。』

『肥料も入れるんでしょ?』

『そうだよ。はるくんも土を混ぜるの手伝ってくれる?』

『う~ん、今日はやだな。サッカーで疲れちゃったから。』

『そっかー。』

『そこにぼくが採ったレンゲのタネを播きたいな。』

『えっ! ここにかい!?』

『うん♪ だって部屋から良く見えるとこだもん♪』

『えーっと、ここは今日パパが球根を植えたいんだけどな・・・。』

『じゃあ、ぼくのレンゲのタネはどうするの?』

『ちゃんと播くよ。でもここは駄目なんだ。はるくんはどこがいい?』

『どこでもいいよ。ちゃんと播ければ。』

『そっかー♪ 来週は、はるくんのレンゲを播く場所を作ろうね。』

『いいよ。』

4

春に掘り上げていたミニチューリップの球根。大きいものだけを選んだら18個。10個から18個に増えて、僕は思わずニヤリ。

1

これは球根を置いたところ。

ここに植えたのは、左がオーニソガラム、手前がチオノドクサ3種、奥がミニチューリップ、右手前がクロッカス・トリカラー、その奥が西洋カタクリ、そしてその奥がエレムルス。

2

エレムルスの球根を見た息子がこんなことを言い出した。

『パパぁ。これなあに?』

『エレムルスの球根だよ。』

『これが球根なの? 変なかたち。ヒトデみたい。』

『ヒトデかぁ。うん、ヒトデに見えないこともないね。』

『ヒトデにそっくりだよ。』

『そうかい?』

『そうだよっ。ふしぎなぜ大図鑑にそっくりな写真が出てたもん。』

『ほんと?』

『ほんとだよっ! ちょっと待っててね。ぼく、図鑑持ってくるから。』

3

『パパ、ほらっ、この下の写真。そっくりでしょっ!』

『ほんとだぁ。よく覚えてたね。』

何だかんだあって、無事植え終わった後はこんな感じ。来春が楽しみだ。

Photo_2

球根が出てくるのを待つだけじゃ寂しいので、こぼれダネで増えたイングリッシュデージーを移植した。ポツンと植えられている苗は、家を購入した直後に植えたトコナツ。きっと元気に3年目の春を迎えてくれるはずだ。

息子には内緒だけど、実はここの場所、芝の部分を減らしてしまっていたのだ。

Photo_3

今まではこんな感じだった。気持ちは分からなくもないけど、息子は芝生の面積を減らすのに大反対なのだ。でも僕は徐々に芝生の面積を減らしていって、他の植物を植える面積を増やそうと企んでいる。幸い今回は、息子は芝生の変化にちっとも気が付かなかった。しめしめ作戦成功♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この場所の春の様子の記事はこちら。もとの芝生の状態も分かります。

4月13日

息子とレンゲの種子の記事はこちら。

6月3日

| | コメント (4)

« 2007年10月30日 | トップページ | 2007年11月1日 »