« 保育園の花壇は大丈夫? | トップページ | 食用ホオズキ名誉挽回! »

2007年9月11日 (火)

ゴボウの葉っぱのロマンス

パパの日記(9月10日)

これは東側の花壇の今の様子だ。台風で傷んだところに手を入れたついでに、伸びすぎたチェリーセージやハクロニシキも剪定してしまった。

右に写っているヨガ修行中だったズッキーニは、最近普通の暮らしにもどったようだ。だから見た目もちょっと鬱陶しくなった。

で、今日の問題は、この写真の中央に植えてあるのはゴボウなのだ。

Photo

ちょっと前から気になっていたのだが、ゴボウの葉がどんどん食べられて穴だらけになってきていた。僕は何度か葉の裏をひっくり返して、犯人であろうケムシやイモムシの類の幼虫を探したんだけど、影も形も見つからなかったのだ。

1

もともとが売れ残りの苗を時期遅れに植えたんだから、駄目でもともと。それでも収穫を夢を見てしまうのが人情だよね。今の僕がそう。息子に立派なゴボウを抜かせて、彼をびっくりさせてみたいのだ。それなのに、ああそれなのに、この食害は。いったい誰の仕業だ!

このまま完全犯罪成立。迷宮入りかと思ったが、実はひょっとしてこいつらが犯人?

2

お馴染みオンブバッタだ。

そういえば最近、ゴボウの葉の上でオンブバッタを良く見かけていた。ってーことは、犯人はずっと現場にいたのだ。つまりどうも僕がヘボ探偵だったっていう、情けない結末になってしまった。

それにしてもオンブバッタがゴボウの葉を好物にしているなんて、知らなかったぁ。

良くみると幸せそうなカップルの左に、オスが一匹。隙あらばメスを奪おうとしているのか、それともただただ未練がましいだけなのか。さすがに表情までは読み取れなかった。

P1030014_3

おいおい、良く回りを見てみろよ。左の方にフリーのメスがもう一匹いるじゃないか。それもお前の方に背中を向けて、すぐにでもオンブできるようにさ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このゴボウの前の記事はこちら。

7月19日

ヨガ修行中だった頃のズッキーニの写真はこちら。

8月23日

|

« 保育園の花壇は大丈夫? | トップページ | 食用ホオズキ名誉挽回! »

パパの日記」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

トマコさん、こんばんは。ゴボウの葉っぱはバッタの大好物だったんですね。ちっとも知りませんでした。でも大丈夫ですよ、きっと。ゴボウは、『肉を切らせて骨を断つ』ならぬ、『葉を食べさせて根を残す』作戦をとっているに違いありませんから。バッタよりゴボウの方が賢いんだと思いますよ。

投稿: パパです。 | 2007年9月12日 (水) 22:59

パパさん おはようございます。
葉っぱが穴だらけのゴボウ・・
どこかの畑にもあります(^^)
そう♪私が花を楽しみに待ってるゴボウです。
オンブバッタやショウリョウバッタ、名前のわからないバッタたちがいっぱいです。
彼らにもロマンスがあるなんて思ったら
いよいよどうにも出来ませんよね(^^♪
それでもきっと、パパさんのゴボウも収獲出来るし、私も花が見られるでしょう?
ですよね?そうだといいですね~♪

投稿: トマコ | 2007年9月12日 (水) 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 保育園の花壇は大丈夫? | トップページ | 食用ホオズキ名誉挽回! »