« ゴボウの葉っぱのロマンス | トップページ | 僕が隠したいもの »

2007年9月12日 (水)

食用ホオズキ名誉挽回!

パパの日記(9月11日)

10日前に僕は、食用ホオズキは期待外れで美味しくないって記事にした。そうしたらkokoさんから、以下のようなコメントを頂いたのだ。

『食用ホウズキについてですが、以前、「おしゃれなケーキ」の飾りにのっていて、美味しく頂いたことがあります。追熟させるとか、美味しくなる方法はないのでしょうかねぇ~。レースに包まれた果実が朽ちていく風景に悲しみを感じてしまいました。』

で、僕は追熟した実を食べてみる気になったのだ。

1_3

僕がこれまで食べていた実は、自然落果してすぐの実。まだ中が透けてない段階のもの。手前の方にある黄色いものが、その落ちたばかりの実だ。

それが茶色くなり、次に白っぽくなり、その次はレースに包まれたように綺麗に中が透けて見えるように変化していく。ここまでの変化には10日ぐらいかかる。

kokoさんのアドバイスにしたがって、今回僕が食べてみたのは次の写真の真ん中の段階だ。ちょうど外側が一番綺麗に透けるようになった状態。

2_2

そうしたら何とエグミが消えて美味しくなっていたのだ。

この段階の実を色んな人に食べてもらった。結果は驚き。息子やかみさん、ご近所の子供も大人もみ~んなが、『甘い! 美味しい!』って言うようになったのだ。

食用ホオズキは追熟して美味しくなる。今回ひとつ僕は賢くなった。

3

落ちた実を観察すると、レースに綺麗に包まれている実は虫に全く食べられていないのだ。それ以上古くなって外側の膜が破れてしまうと、中の実が虫に食べられてしまうようなのだ。

虫が実が美味しくなるタイミングを知っているとは思いたくないので、ホオズキの方が頭が良いのだろう。負けず嫌いの僕は、虫が美味しくなるタイミングを知っていたとは思いたくないから。

kokoさんのお陰で、何だか凄いことを発見した気分になった。

ひょっとしたら落ちたばっかりの実に入っている種子は、まだ未熟で芽が出難いのかもしれない。ちゃんと種子も実を完熟してから、鳥や動物のお腹に入って糞と一緒にどこか別の場所に種子を播いてもらう。そんなホオズキの作戦があるような気がする。う~ん、思いがけず植物の不思議を体験できて、何だかさらに得をした気分。

最後に、僕は今日ここに食用ホオズキの名誉回復を宣言します! 食用ホオズキは美味しいです。でも追熟させてから食べましょう!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この食用ホオズキの前の記事はこちら。

9月1日

|

« ゴボウの葉っぱのロマンス | トップページ | 僕が隠したいもの »

パパの日記」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

トマオさん、こんばんは。やっぱりということは、トマオさんも育てていらっしゃったのでしょうか? 九州では直売所とかで食料ホオズキが売ってたりするのでしょうか? 

投稿: パパです。 | 2007年9月12日 (水) 23:26

わ~っ、Alexさん、こんばんは。私の方こそ、目標であるAlexさんと一緒のページで紹介されるなんて光栄です。何だか初恋の人の隣に座れた時のようにドキドキしてしまいました。(笑) 男庭とは品位では比べようがありませんので、親子庭は笑いの質を下げないように気を付けます!

投稿: パパです。 | 2007年9月12日 (水) 23:24

kokoさん、こんばんは。はい、kokoさんのお陰です。ありがとうございました。またおかしなもの買ってきて、と疑いの眼差しを僕に向けていたかみさんに美味しいと言わせたのですから、僕の名誉回復にもなったのですよ。

投稿: パパです。 | 2007年9月12日 (水) 23:13

Joyplantさん、こんばんは。えーっ! 凄いことをなさっていらっしゃったんですね。今ではトマトもソラナム属になってしまいましたが、その頃はどうだったのでしょうか? 属間雑種を作ろうとして取り組まれていたのですか? もし雑種ができたらどんな名前になったのでしょう? リコナム? トマズキ? トマトズキじゃ変ですね。(笑) そういえば、トマピーノが話題になったこともありましたね。懐かし~い。 

投稿: パパです。 | 2007年9月12日 (水) 23:09

キュリーさん、こんばんは。私は普通のホオズキは育てたことがないのでよくわかりません。レース状になるのは食用ホオズキだけかもしれませんね。キュリーさんの想像の通り、普通のホオズキでも、外で雨に打たれたりしたらレース状になるのかもしれません。

投稿: パパです。 | 2007年9月12日 (水) 23:03

やっぱり、食用ホオズキ美味しかったんですね。
今度、ホオズキを食べるのが楽しみです。

投稿: トマオ | 2007年9月12日 (水) 23:01

しまった!10月号ではなくて、10月発売の11月号ですね。

投稿: Alex | 2007年9月12日 (水) 21:31

某雑誌10月号の校正で、「パパです」さんと誌面でご一緒する事を発見しました。植物のプロの「パパです」さんとご一緒出来て、光栄です!発売日に向けて、品位を下げないように気をつけます!

投稿: Alex | 2007年9月12日 (水) 21:29

食用ホウズキの名誉回復の
お力になれて光栄(笑)です。
それにしても美しいですねレース状の外皮、自然の造形に脱帽します。

秋から冬へのお庭の変化を
楽しみにしていますね。


投稿: koko | 2007年9月12日 (水) 21:01

こんにちは。
昔、食用ホオズキとミニトマトをクロスせよ、
という指令があったことを思い出しました。
結果、ミニトマト♀のセルフばっかでしたが...。
レースのホオズキをはじめて見ました。
羽化みたいな瑞々しさがありますねー。

投稿: JoyPlant | 2007年9月12日 (水) 15:17

おはようございま~す♪パパさん
私も勉強させて頂きました。
飾ったり生けたりしか考えたことありませんでした。レース状態になるのは 外で放っておけばなるんでしょうか?家の中では、ドライになるだけで レース状にはなりません。

バッタに 物語があったなんて それもシビアな… 今度から 思い出して観察します♪

投稿: キュリー | 2007年9月12日 (水) 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴボウの葉っぱのロマンス | トップページ | 僕が隠したいもの »