« ガーデンマムは頑張り屋 | トップページ | 気づかぬ間に・・・ »

2007年9月24日 (月)

赤組の応援花、白組の応援花

保育園での園芸ボランティア11(本番2週間前)

小さな花壇のペチュニアの方がダメージが大きい。ちょっとこのままじゃ恥ずかしい状態だ。何とか運動会当日までに復活させなければ。

Photo_6

やはり土作りをして初めての場所に植えるっていうのは、難しい。この場所はまだ水はけが良くなかったのと、僕が化成肥料を入れ過ぎてしまったのが敗因だ。だからそういうことも考慮して、基本的にタフな植物しか植えなかったんだけど、ルドベキアだけは3株とも消えてしまった。土のせいもあるだろうけど、矮化剤が効き過ぎてた苗だったていうのも原因だろう。色的に黄色で引き締めるはずだったのに、計算が狂ってしまった。

Photo_7

次の写真は9月10日に撮ったもの。株元から枯れ上がってしまいひどい状態だった。これと比べれば2週間でかなり復活してきたのが良くわかる。ここまで復活すれば、もう肥料をやっても大丈夫だ。今日はマグアンプと液肥をたっぷりあげた。

3

1

荒れ放題の花壇で一番勢力を拡大していたのが、このカクトラノオ。あまり広がり過ぎるのも嫌だったから、僕がこの場所1ケ所に集めて植え直したのだ。ただもうピークを過ぎて見苦しくなってきてしまった。

2

だから思い切って花穂を全部ばっさりピンチしてしまった。ピンチしたすぐ下の節にも花芽があるはずで、うまくいけばまた満開になるはずだ。どんな場所でもどんどんはびこるカクトラノオを、わざわざピンチするなんて見たことも聞いたことも無い。でもせっかくの運動会。少しでもにぎやかなほうが良いからね。自信は無いけど、きっと何とかなるんじゃないかな。

2_2

園庭から見て、この小さな花壇の中心に植えてあるのはキバナセンニチコウ。

Photo_5

ようやく良い感じになってきた。思い思いに伸ばした丸い花が、まるで運動会で元気に跳ね回っている赤い帽子の園児達のようだね。だからこのキバナセンニチコウは赤組の応援花。

そして白組の応援花は、もちろんあの白いペチュニアなのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

一人ぼっちの園芸ボランティアに、ボランティアの輪が広がるクリックを。いつも応援ありがとうございます。

|

« ガーデンマムは頑張り屋 | トップページ | 気づかぬ間に・・・ »

保育園での園芸ボランティア」カテゴリの記事

コメント

saeさん、おはようございます。そして、はじめまして。嬉しいコメントをありがとうございました。
そうですね。ペチュニアの切り戻しはなかなかタイミングが難しいですよね。言葉は悪いですが、カッパ禿げにならないようにするのはコツがいります。でもこの保育園の花壇みたいな場所はペチュニアには一番向いているので、あっという間にフサフサになると思いますよ。切り戻しするタイミングと切り戻しする枝の選びから、それから追肥のやり方次第で、ぺチュニアはもっと長く満開状態を楽しめるようになります。回復してもっと綺麗になるペチュニアの様子をまた見に来てください。

投稿: パパです。 | 2007年9月26日 (水) 07:49

はじめまして。
何時も楽しく拝見しています。

ペチュニアはよく栽培するんですが、切り戻すタイミングが難しいですし、少し勇気がいりますね。いっぺんに、寂しくなってしまいますから。
コンテナの時には下げて他の物をもってきますが地植えはそうはいきませんしね。

投稿: sae | 2007年9月25日 (火) 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガーデンマムは頑張り屋 | トップページ | 気づかぬ間に・・・ »