« 2007年9月16日 | トップページ | 2007年9月18日 »

2007年9月17日 (月)

芸術的な美しさ

パパの日記(9月16日)

今朝は良いものを見た。慌てて撮った写真がこれ。

2_3

花が無くなっても、朝日を浴びた葉だけで十分美しい。まるで赤い新芽に灯がともったかのようだ。

さすがにこの写真だけで植物名を特定できる人はほとんどいないだろう。答えを知ってる僕だって、訊かれたらわからない自信があるんだから。

次の写真でなら何だかわかるかな? このつやつやした葉の鉢物は、初夏によく見かけているはず。

3

答えは次の写真。

正解は奥に植えてあるサンタンカ。6月13日に撮った写真だ。

Photo_5

学名は、Ixora chinensis。僕は地植え派なので、何でも地面に植えてしまう。このサンタンカも結構長い間、インパチェンスと共に玄関を彩ってくれた。我が家の庭で今年株を上げた植物のひとつだ。サンタンカは地植えでももっと使われて良いんじゃないかな。

確かに一度凍ると枯れてしまうから、余程の暖地でないと越冬できない。だけど半年以上ずっと楽しめれば、それで枯れても十分元は取れると思う。

サンタンカは10℃程度の低温で花芽分化するので、夏に一度花が終わってしまうと、その年に花が咲くことはない。でも、つやつやの葉とあの優しい色の新芽だけでも十分鑑賞価値がある。

僕は秋にぎりぎりまで低温に当てて、それからリビングに取り込んでみようと考えている。何となく冬に部屋で花を咲かせられるんじゃないかと思うのだ。思いついたら何でも試してみること、これが僕流ガーデニング。答えがわからない分、楽しみが増えるからだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

« 2007年9月16日 | トップページ | 2007年9月18日 »