« 助っ人あらわる! | トップページ | アボカド生産は命がけ! »

2007年8月 6日 (月)

チリに到着

チリレポート初日:(7月26日)

早朝、僕は真夏のシカゴからマイアミ経由で真冬のチリに着いた。チリは12年ぶりに厳しい寒さの冬だという。

Photo_7

僕の出張先の会社はこのハイウェー沿いにある。空港に迎えに来てもらい、仕事場には9時半頃に到着。その後はいつも通りの立ち仕事だ。ランチは近くのお決まりのレストラン。

Photo_8

とにかくここでのランチは最高! 色々外国に行く機会がある僕だけど、このお店のあのメニューがナンバー1だ。

2_8

そのメニューは、Cazuela de vacuno。

Casuelaはチリの郷土料理。vacunoは牛肉のこと。

1_6

なんとなく牛肉のポトフに近いかな。どうです。このボリューム。

良く煮込まれた軟らかく大きな牛肉がドーン。大きなジャガイモがゴロン。半分に切ったトウモロコシがバーン。何分の一の大きさかわからないけど、カボチャがボチャ。

それにニンジンにタマネギに何かの葉菜。おまけに底にはご飯までが沈んでいるのだ。

2_7

スープ皿の深さはこの通り。食材の旨みが凝縮したCazuelaは、冬の寒さに慣れていない身体の僕には最高のもてなし料理だ!

Photo_17

こういう景色の仕事場で、午後もずっと立ち仕事。右奥に見える白い山は、6000m級の山が連なるアンデス山脈だ。

実は、昨晩は飛行機で3時間ぐらいしか寝れなかったのだ。Cazuelaで満腹の僕は、午後には何度か「ひとり膝カックン」。立ち仕事中に眠って倒れてしまいそうになってしまった。

でも、気力で何とか初日の仕事を終え、定宿の海沿いの町のホテルに到着。まだ日没前だったので、散歩がてら夕日を見にでかけた。

Photo_9

チリではちょうど冬休み期間中。既に防波堤にはのんびりと夕日を眺める人達が、思い思いの距離感で自分の指定席に腰を下ろしていた。

幕はとっくに上がっていたが、僕もひとり石の指定席に座り夕日の一人舞台に見入ったのだった。遠い日本に色々な思いを馳せながらね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« 助っ人あらわる! | トップページ | アボカド生産は命がけ! »

海外レポート2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 助っ人あらわる! | トップページ | アボカド生産は命がけ! »