« いわて乙女はちゃんと咲きます | トップページ | 紅オクラのマジック! »

2007年8月13日 (月)

1年半ならここまで変わる④

1年半ならここまで変わる④:コンクリートが邪魔だ!

4_55

建売りの我が家は、契約時に既に外構工事が出来上がっていた。少しでも植物を植えられる場所を増やしたかった僕は、契約の際に、駐車場のコンクリートを1枚剥がしてもらうことを条件に捺印したのだ。駐車場のコンクリートって奴は、車がとまっていれば気にならないが、車がない時には結構殺風景だと思う。

8_18

こちらは入居後、約1ヶ月経った時の写真。コンクリートを剥がしてもらったところに自分で土を入れ、3段の花壇を作った。花は、僕の大好きなプリムラだ。

そして次は今から3週間ぐらい前の写真だ。下2段は、車がある時には常に車の下になってしまう過酷な条件だ。この任務だが、一番下の段はチャボリュウノヒゲ、2段目は這い性のコニファーに任せた。

2_189

最初の写真と比べてもらうと、1年半でずいぶん印象が変わったことがわかってもらえると思う。

4_55

Photo_382

コンクリートの縁はいつも乾燥しているし、車の陰で日当たりも悪い。そんな場所で元気ハツラツなのは、マツバギクとギボウシ。だから今年僕は、葉芸も楽しめるギボウシを3品種植え足したのだ。

Photo_384

この写真の場所は、もともとは全部コンクリートだったところだ。車がとまってしまうと何も見えなくなるって欠点もあるが、これだけの植物を植えられるスペースは、僕にとっては貴重だ。手前のダリアだって、半分は車の下になってしまうのだ。

Photo_383

この石の並べ方にも意味がある。下の段差がちょうどタイヤの輪留めになっているのだ。タフなチャボリュウノヒゲも、さすがに車の重さには耐えられず、その場所だけは土が見えている。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

1年半ならここまで変わる③の記事はこちら。

8月4日

|

« いわて乙女はちゃんと咲きます | トップページ | 紅オクラのマジック! »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いわて乙女はちゃんと咲きます | トップページ | 紅オクラのマジック! »