« 食べきれないランチ | トップページ | チリでの最終日 »

2007年8月 9日 (木)

ディナーはunique!

チリレポート2日目:(7月27日)

この日の夜は、ホテル近くのレストランでディナーをご馳走になってしまった。肉も良いけど、チリは何と言ってもシーフードが最高。それにワインもメチャメチャ旨い。

Photo_6

驚くなかれ、前菜はこれ。

1_2

ウニ~ッ! みんなで取り分けるのではない。これでひとり分だ!

レモンの大きさと比べて見て欲しい。日本のウニの3倍はあるビッグサイズだ。バフンウニの仲間だってことだったけど、味は日本のウニよりあっさり目の味で、それこそいくらでも食べられてしまう。白ワインとの愛称もバッチリ。もう、最高ッ!

ちなみにチリでは一年中どこかでウニが採れるそうだ。

2_4

こちらではレモンを絞って、タマネギを刻んだものとパセリをかけるの一般的なのだ。

熱々の白いご飯にこのウニを乗せ、ちょっと醤油をかけちゃったりなんかしたら、もっと旨いのでは? 不謹慎にも僕は、巨大ウニを味わいながらこんなことまで考えてしまった。人間の欲って奴は本当にキリがない。

そうそう、ここで笑い話をひとつ。

チリに来る前に英語でメールのやり取りをしてたんだけど、たまたま僕はunique(ユニーク)って入力することがあった。その時、間違えて日本語変換してしまったのだ。そしたら何とuniqueが、こう変換されたのだ。

unique ⇒ ウニ食え

僕はパソコンに心を読まれたかと、本当にドッキリしてしまった。

だから今日のタイトルは、『ディナーはユニーク!』ではなく、『ディナーはウニ食え!』だったのでした。

1_3

メインディッシュは魚の焼き物。写真を撮り忘れちゃったけど、この前にシーフードのスープもいただいていたのだ。魚介のエキスが凝縮されたスープは、これまた絶品!

そして締めのデザートはこちら。

1_4

そう、チェリモヤ。

南米では、チェリモヤを乳房のフルーツって言うそうだ。

出張先でお世話になっている人が、『大きさも形も柔らかさも味も、そしてこれらが女性によって様々なところまでそっくりだろ。』って、意味深な目をして説明してくれた。

2_5

僕の感想は、ヒ・ミ・ツ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« 食べきれないランチ | トップページ | チリでの最終日 »

海外レポート2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食べきれないランチ | トップページ | チリでの最終日 »