« チコリの花 | トップページ | インカ帝国の花? »

2007年6月24日 (日)

梅雨晴れの尾瀬

5_47

パパの日記(6月23日)

前日まで雨に降られることを覚悟していた尾瀬行きだったが、突然天気予報が晴れ変わった。朝4時に我が家を出て目指すは鳩待峠。めでたく当日は朝からピカピカのほぼ快晴になった。

4_51

タテヤマリンドウは満開。ヒメシャクナゲは盛りを過ぎたところ。

ミズバショウは日陰で最後の最後のものが咲いている程度。リュウキンカもほぼ終了。オオバタチツボスミレは満開だったけど、良い写真は撮れず。ズミも満開だったはずだが、前日までの強い雨で花が痛んでしまっていた。

木道の上からしか写真が撮れないのはツライ。なかなか良い被写体には巡り合えなかった。

3_76

燧ヶ岳をバックにワタスゲ。ワタスゲはこれから。

2_160

ミツガシワもピークを過ぎていた。でも何となく良い雰囲気。

1_127

でも息子は高山植物にはまったく興味なし。カエルが鳴いている思えば、懸命にその姿を追う。結局カエルは見つけられなかった。でもこのあとでサンショウウオを見つけて、彼は大満足。『サンショウウオって珍しいんだよね。なっかなか見つけられないって図鑑にかいてあったんだから。』

後ろの山は至仏山。山開きは7月1日だ。

6_22

このトンボ、僕が写真を撮った後に息子に捕まえられてしまった。もちろんすぐにリリースさせました。

ちょうどミズバショウの時期とニッコウキスゲの時期の合間だったので、これだけの晴天だったにも関わらず人はそれほど多くなく、快適な山歩きを楽しめた。いくら晴れていても、木道上の大渋滞は勘弁だもんね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« チコリの花 | トップページ | インカ帝国の花? »

パパの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チコリの花 | トップページ | インカ帝国の花? »