« 上海は梅雨真っ只中 | トップページ | セロリの花 »

2007年6月18日 (月)

驚きのサービス

Photo_332

パパの日記(6月16日)

帰国当日、早朝の上海市内の植栽ウォッチングを続けた。これはデパートの前。ここもペチュニアが一面ずらーって植えられていただけ。考えてみれば当たり前なんだけど、ひらがなもカタカナも全くない漢字とアルファベットだけの宣伝の文字に、ついつい違和感を覚えてしまう。

1_122

ここのホテルには立派な寄せ植えが。ちょっと嬉しくなって近づいてみると・・・。

2_155

またしても造花でした。

1_123

おっ! 見慣れた看板が。

2_156

ファミマだ! 中国語名は『全家』なのだ。何でだ?

Photo_333

おっ! お次はマクドナルド! 中国語名は『麦当○』。

その後ろにはピザハット! 中国語名は『必膳客』。と言うことは、ピザの中国語は必膳か。上手い当て字だと思う。いや、上手いというより必然か?

Photo_334

おーっ、ケンタだ! 中国語名は『肯得基』。

その下はミスドー! 中国語名は『美仕唐納滋』。

読める、読めるぞ、中国語が! 路上でひとり僕は盛り上がってしまったのでした。

リニアモーターカーに乗って空港に着いたら、大粒の雨が降り始めた。昨日は晴れで畑仕事ができたし、今朝は散歩もできたし、僕は良い気分で出発ゲートに向かったのだった。

ところがだ。運悪く直接機内には入れず、バスで飛行機の横まで行く奴だった。バスに乗る時に、係員から折りたたんだ黄色いビニール製品を渡された。いや~な予感。

Photo_335

おいおい、国際線だというのに屋根がないぞ! みんな黄色いカッパを被ってぞろぞろと機内へ歩いていく羽目に。それも係員は情け容赦なく全員をバスから追い出し始めたのだ。最初に降りた人はまだ良いが、当然後になればなるほど機内に入るのには時間がかかる。とうとうバスの入口まで列がつながってしまった。

ここまでしてさすがに係員も気がついたらしく、ようやく無理やり客を降ろすのを止め、黄色いカッパの列が機内にほぼ吸い込まれるまで待つことにしてくれた。あと3人で僕の番になるところだった。今回、僕はツイてたのかな?

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

上海市内の造花をもっと見たい方はこちら。

3月9日

|

« 上海は梅雨真っ只中 | トップページ | セロリの花 »

海外レポート2007」カテゴリの記事

コメント

トマコさん、こんばんは。写真を喜んでいただけたようで嬉しいです。確かに中国は不思議の国で、精神的に余裕がある時には非日常を楽しめます。でも残念ながらサービス精神がとっても乏しい国なのですよね。スチュワーデスさんからして、えっ!って思うような対応をとったりしますから。中国に着くまでに気分的に疲れちゃうときもあるんですよ。これに引き換え、日本のスチュワーデスさん達には本当に癒されます。笑顔を絶やさない彼女達のプロ意識は素晴らしいと思います。

投稿: パパです。 | 2007年6月18日 (月) 21:53

おはようございます。
上海にご出張だったんですね~。
私は一度も海外へ行った事が無いのですが
公園で太極拳をしている人達の場面は
TVで観た事があり、ホントなんだ・・・
と、なんだか妙な感激を覚えてしまいました。
マックやミスド等の当て字は楽しいですね!クイズに出そう(^^)
中国は不思議な国・・という印象ですが
ますます不思議になりました♪
ところで、雨に濡れて待たされなくて良かったですね!(^^)!

投稿: トマコ | 2007年6月18日 (月) 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上海は梅雨真っ只中 | トップページ | セロリの花 »