« 息子よ、偉いぞ! でも・・・。 | トップページ | 嘘? 本当? »

2007年5月 9日 (水)

羽衣が茶色になったわけ

パパの日記(5月6日)

4月の初めに、いたずら心半分、創造性半分でやった、『松に羽衣じゃなくて、ツゲに羽衣だ~』プロジェクトの顛末だ。結果はご覧の通り。

Photo_256

白い羽衣が見るも無残な茶色の羽衣になってしまった。南国気分を自分でも味わい、我が家の前を散歩コースにしてくれている人たちにも楽しんでもらおうという企画は、早々と打ち切りになった。

断っておくが、我が家は南東の角地で、庭への日当たりはまったく問題ない。庭の土はもともとが山砂で盛り土してあったために排水が良すぎるが、僕なりに土壌改良を施したものだ。水やりだって僕が不在の時には、頼まなくてもかみさんがやってくれている。性格的に決して水をやり過ぎるってことはない。真夏に僕が家を空けるときには、特別にたっぷりあげてと彼女には念を押すことにしているぐらいなのだから。そして虫も病気も発生していなかった。それなのにそれなのに、この結末はいったい・・・。

羽衣を茶色にした犯人は、4月に入ってからの季節外れのミゾレのせいだ。それも僕がこのハゴロモジャスミンを植えた翌日か翌々日に降りやがったのだ。さらに追い討ちをかけるようにその後晩霜まで来やがった。

ハゴロモジャスミンのことを偉いなと思ったのは、葉がすべて枯れるほどのダメージを受けても、白い花は平気な顔で咲かせ続けたってこと。子孫繁栄のためにもっとも大事な器官を維持するのにすべてのエネルギーを注ぎ込む、その生死を懸けた営みに僕はひとり感動したのだ。

一方で僕は、『天女の肌は凍傷になってしまったけれど、羽衣はきれいなままの姿を保ったんだぁ。』と、こんな妄想にふけって、ハゴロモジャスミンのネーミングの素晴らしさにも同時に感心したのだった。

僕はその後約1ヶ月間、葉から目をそらし、遠目に花だけを楽しませてもらった。そして花がほとんどなくなってしまった今日、ちょっと罪悪感を覚えながら株を処分した。ゴールデンウィーク中に見つけたある植物を同じ場所に植えるためだ。

新プロジェクト名は、『ツゲに○○を掛けてみた。』。現在、生育状況をウォッチング中。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

応援ありがとうございます。

ハゴロモジャスミンの前の記事はこちら。

4月8日

|

« 息子よ、偉いぞ! でも・・・。 | トップページ | 嘘? 本当? »

ガーデニング」カテゴリの記事

宿根草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 息子よ、偉いぞ! でも・・・。 | トップページ | 嘘? 本当? »