« カリフォルニアの住宅街を散歩した | トップページ | 朝がきれい »

2007年4月27日 (金)

失った1週間

パパの日記

僕は4月14日に日本を発ち21日に帰国したので、丸々1週間家を空けたことになる。帰ってみて驚いたのは、この1週間で庭の植物たちの様子が劇的に変わっていたこと。お気に入りのテレビ番組を見逃したような、そんな悔しい気持ちになった。

何輪か咲き始めたばかりだったベロニカが満開になっているし、エリシマムも満開だ。タイツリソウなんて蕾がのぞき始めただけだったのに、大漁の竿が何本もしなってるし、アスパラガスだって何本もかみさんと息子の胃袋に納まったらしいし、クレマチスやエンドウマメ、サルナシの蔓が勢い良く絡みついているし。

う~、ここまでの展開はどうだったの? 誰か教えて~って感じだ。

Photo_241

Photo_242

まだ蕾が色づき始めた状態だったクロフネツツジがもう咲き始めていた。1年2ヶ月前に購入したもの。本当はピンクのヤシオツツジが欲しかったんだけど、高いのと日当たりが良すぎると枯れ易いとの話を聞いて、代わりに買って帰ってきたものだ。

基本的に僕は満足しているが、節間が長過ぎるのがちょっとだけ気に入らない。雨に濡れた花が色っぽかったので記念撮影。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

応援ありがとうございます。

|

« カリフォルニアの住宅街を散歩した | トップページ | 朝がきれい »

パパの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カリフォルニアの住宅街を散歩した | トップページ | 朝がきれい »