« ぼくは絶対食べないよ! | トップページ | ど~こ~だ? »

2007年4月 4日 (水)

装飾性より草食性なのだ~

パパの日記(4月4日)

庭である以上、最低限のデザイン性は必要だ。でも僕は、装飾性にはあまりこだわりがない。植物が元気に育ってくれて、それなりに小奇麗になっていてれば十分だと思う。いま僕が一番こだわっているは、どうやって息子と一緒に植物を楽しむかだからだ。

新居に越して1年間息子の反応を見てきたが、やはり『花より団子』の言葉通りの結果になってしまった。食べられる植物への彼の関心は、圧倒的に花に対してよりも強い。まあ僕としては、彼が植物に興味を持ってくれさえすれば十分なので、自然と我が家には果樹や野菜が増えてきている。だから今年のテーマは、見た目より実用性重視。すなわち『装飾性より草食性』なのだ~。

2_100

でも、ここで難問がひとつ。かみさんから僕は、庭を畑っぽい家庭菜園をしてはまかりならぬときつく釘を刺されているのだ。だから一見花壇ぽく見えながらも、食べられる植物がたくさん植わっているというコンセプトの庭づくりに挑戦せざるを得ない状況なのだ。まあ、この制約はそれなりに面白いなと思っている。かっこよく言えば、花壇とベジタブルガーデンの融合に挑戦!ってところだ。

ここから見える部分だけでも、レタス5品種、セロリ、パセリ、ソラマメ、イチゴ3品種、メキャベツ、チコリ、イタリアンパセリ、カキナ、ネギ、ニラ、チャイブ、ミョウガ、ワサビ、フキが、チューリップやラベンダー、その他の宿根草の間に植えられているのだ。さらに、後ろの金芽ツゲにはサルナシまでがからまっている。さて、これからどんな風になっていくのだろう。かみさんから一度もイエローカードをもらわないで冬を迎えられれば大成功だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

応援ありがとうございます。

|

« ぼくは絶対食べないよ! | トップページ | ど~こ~だ? »

ガーデニング」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼくは絶対食べないよ! | トップページ | ど~こ~だ? »