« カリフォルニアのカリフォルニアライラック | トップページ | 失った1週間 »

2007年4月26日 (木)

カリフォルニアの住宅街を散歩した

パパの海外旅日記(4月18日)

海外出張時の楽しみは、日本では目にすることのできない街中や公園の普通の植栽を見れることだ。それに運良くホームセンターの園芸売り場やガーデンセンターを覘く機会にも恵まれれば、僕は最高にうれしい。植物を買って帰れないのが残念だけどね。

出張時に意外と見ることができないのが、一般住宅の庭だ。ホテルは市街地にあり、訪問する会社は工業団地みないな所にあるのが一般的だし、ホテルと会社を移動するだけでは住宅街を散歩することなどできないからだ。

今回初めて泊まったピズモビーチのホテルは、運良く住宅街に隣接していた。さて、お庭拝見といきますか。

3_59

全体の雰囲気はこんな感じ。

2_113

遠くから見るとさほど大きく見えないが、近くからみるとさすがにデカイ家だ。これでもごく平均レベルの住宅だ。

一回りしたけど、この住宅街では前庭を植物で飾っている家はほとんど無かった。かろうじて、植物が好きな人が住んでるんだろうなって思えたのは、次の2軒のみ。

4_44

5_40

すっかり僕は意気消沈してしまった。

でも待てよ。イギリスみたいに、建物の奥の通りに面していない庭をきれいにしているかもしれないじゃないか。問題はどうやって覗くかだ・・・。

そうだ! 斜面のところなら上から覗けるぞ。

6_19

で、何とか良い場所を見つけて覗いたのがこのお宅。僕の期待に反して、あっさりしすぎておりました。

何が何でも前庭をきれいにしている住宅の写真を撮りたかった僕は、次のコミュニティー(独立した住宅街)に足を伸ばした。カリフォルニアには、周囲を塀で囲まれ、入り口には門番つきのゲートがある高級住宅街も多い。そんなところには入りづらいから、普通の住宅街であってくれよ。

1_79

次の住宅街の入り口だ。しめしめ、門も門番も居ないぞ。さっきのところよりも1ランク高級そうだ。良い感じで前庭もきれいにしてそうだ。

と喜んだ僕だったが、看板の文字を見てガッカリ。『私道でから住人以外は入ってくるな!』 散歩ぐらいなら許されるのだろうけど、庭の写真を撮る日本人は許されないだろうから、僕はスゴスゴ退散したのだった。・・・残念っ!

Photo_240

最後の1枚はこれ。翌19日に南下する際に撮った写真だ。

写真中央を右から左に伸びる細い白い線は、貨物列車。いったい何両編成なんだ?っていうぐらい長い。50両はあるんじゃないだろうか。日本では考えられない長さだった。アメリカはデカイってことをこんなところで再認識してしまった。

これで今回の僕のカリフォルニアレポートはお終いだ。

撮影日: 2007年4月14日~19日

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

応援ありがとうございます。

|

« カリフォルニアのカリフォルニアライラック | トップページ | 失った1週間 »

海外レポート2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カリフォルニアのカリフォルニアライラック | トップページ | 失った1週間 »