« パパのマドリッドレポート20 | トップページ | パパのマドリッドレポート22 »

2007年3月 4日 (日)

パパのマドリッドレポート21

1_55

やっとのことで辿り着いたスペイン広場。池の向こうには有名なドン・キホーテの像が。さすがに人気者。もう夕方だというのに、一緒に記念撮影をしようとする観光客が途切れない。団体客がいなくなるのを見計らって、この写真を撮った。

2_80

記念写真は、像の台のところに立ち、馬のロシナンテに手をかけてハイ、チーズ! みんな嬉しそうだ。

後ろに腰掛けているのは著者のセルバンテス像。

1_56

こちらからがお決まりの構図だ。お供のサンチョ・パンサが、想像していたよりも真面目そうで男前だったことを付け加えておきたい。

このドン・キホーテの右手を挙げたポーズだけど、僕には選挙活動をしているように見えて妙におかしかった。

3_40

日没が近い。急いでホテルに戻らないと・・・。今日は昼間から羅何かのイベントで街全体が変な緊張感に包まれていたからだ。それが暗くなるにつれ、高揚感に変化してきていた。どう見ても普段とは違う、非日常の喧騒だ。いったい今日は何の日だろう? 依然として答えはわからないままだった。僕は旧市街の今の雰囲気を気にしつつ、セルバンテス像の横を通って最短距離でホテルに戻ることにした。

スペイン広場を通り抜ける前に、ちょっと後ろを振り返ってみた。あれっ? あの像は誰だ? セルバンテスと背中合わせに座っているんだけど。ふと、僕は気になってその像をもっと良く見るために戻ってみた。

4_28 

か~わい~い。でも、どこの誰だかわからない。ドン・キホーテ像に会った時より、得をした気分になった。

帰国後に僕はガイドブックやインターネットで調べたんだけど、未だに彼女の正体はわからず仕舞いなのだ。セルバンテスと同じように飾られているのだから、それなりの人物なんだろうけど・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

応援ありがとうございます。

|

« パパのマドリッドレポート20 | トップページ | パパのマドリッドレポート22 »

海外レポート2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179584/14058405

この記事へのトラックバック一覧です: パパのマドリッドレポート21:

« パパのマドリッドレポート20 | トップページ | パパのマドリッドレポート22 »