« インプレシア | トップページ | なーるほど、納得 »

2007年1月 2日 (火)

フキタンポポ

パパの日記(1月2日)

今日はかみさんと息子がいない。僕だけが昨日一足早く、かみさんの実家から家にもどったからだ。ひとりでじっくり庭いじりをしたいところだったが、残念ながらそうはいかなかった。僕は年末の宿題を持ち越していたからだ。

というわけで、今日はまず障子の張り替えを済ませた。終わったのは3時前。外はもうかなり寒く、僕のやる気は一気に冷めてしまった。この写真を1枚撮って部屋の中に退散。

Photo_145

ここ1~2年で一気にメジャーになったこのフキタンポポ。暮れには、たいがいの店先で見かけるようにまでなっていた。福寿草の横で、福寿草の半額ぐらいで売られているところが何とも言えない。実際、福寿草だと思って買ってしまう人もいるんじゃないかな。フキタンポポのことを、福寿草の別名か品種名だと信じてしまったりね。

正月の花といえば、元日草とも呼ばれる本家の福寿草が代表格だが、僕は買おうとは思わない。何となくだけど、僕にとっては、『やはり山におけ福寿草』って感じの大事な花のひとつだからだ。僕は学生のころ、鈍行の両夜行で福寿草を見に、関東から三重の藤原岳に登りに行ったこともある。また他の山でも、年々株が小さくなってしまっていく福寿草を見たりした経験が、こんな気持ちにさせるのかもしれない。

年の瀬に咲いたこのフキタンポポに対して、かみさんは、『蕾の時は福寿草っぽいけど、咲いたらどこからどう見てもタンポポよね。』 だと。彼女の一言で、僕はフキタンポポの行く末が心配になってしまった。いくら日本生まれっぽい名前でも、日本自生の植物ではないし、福寿草や節分草の代用にはなりえないと思うのだ。

花とガーデニングの人気blogランキングに登録しています。

ここをクリックして応援してくださるととても嬉しいです。

|

« インプレシア | トップページ | なーるほど、納得 »

パパの日記」カテゴリの記事

宿根草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179584/13306917

この記事へのトラックバック一覧です: フキタンポポ:

» イングリッシュガーデン 始めに [イングリッシュガーデン好きですか]
イングリッシュガーデンから始まって、最近はやりのハーブガーデンやキッチンガーデンなど、私の植物好きの経験からいろいろな角度でお話していきたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 11:32

« インプレシア | トップページ | なーるほど、納得 »