« 出たぁ~ | トップページ | シンボルツリーを初公開 »

2007年1月 8日 (月)

少しだけ華やかに

パパの日記(1月8日)

去年の冬はまだ新居に移ったばかりで、庭については細かなことまで気が回らなった。社宅を脱出し、念願の庭を手に入れられただけで満足していたからだ。そういうわけで事実上この冬は、我が家のガーデニング生活では初めての冬ということになる。

パンジー・ビオラを植えないへそ曲がりの僕の冬対策は、ヒメコウライシバに西洋芝をオーバーシーディングだけだった。でも、やっぱり花が欲しい。で、とうとう寂しさに負けてサザンカを買ってしまった。

Photo_154

Photo_155

本当のことを言えば、サザンカやツバキを庭に植えることに、僕はちょっと抵抗がある。子供の頃のことだ。庭のツバキの実を採って遊んでいた時に、チャドクガで酷い目にあってしまったからだ。毒虫が好む植物を子供が遊ぶ庭には植えたくない。

生垣に良く使われている赤のサザンカは、『立寒』という品種だ。丈夫でとても良い品種だが、公共植栽で大活躍している品種を庭に植える気にはなかなかならない。だが僕が観察してきた限り、『立寒』にチャドクガが大量発生しているのを見たことがないのだ。チャドクガは『立寒』の葉が嫌いなのかもしれない。安全策をとるのなら、『立寒』に限る。さんざん悩んだ挙句、結局ピンクの『新乙女』にしてしまった。

Photo_156

なぜ『新乙女』にしたかというと、木や花の雰囲気が『立寒』に似ていて丈夫そうだからだ。そして何となくチャドグガが寄ってこないような気もしたしね。

人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

応援ありがとうございます。とても励みになっています。

|

« 出たぁ~ | トップページ | シンボルツリーを初公開 »

パパの日記」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179584/13375707

この記事へのトラックバック一覧です: 少しだけ華やかに:

« 出たぁ~ | トップページ | シンボルツリーを初公開 »