« いきなり反省:国際立体花壇大賽1 | トップページ | 美人の秘訣:国際立体花壇大賽3 »

2006年11月 1日 (水)

比べて見ると面白い:国際立体花壇大賽2

インターナショナルと言うだけあって、当然海外からの出品もある。これはアメリカ、ルイジアナ州の作品だ。ロデオのシーンがなかなかの出来で、人気を集めていた。記念撮影の人が途切れるのを待って、やっと撮った写真がこの3カット。今日の写真は、すべて製作途中の画像と比較できるものを集めてみた。

5_18

6_6

僕が最初に気に入った作品はこれ。この馬のたてがみの雰囲気がなかなか良いじゃないか! いってしまっている目はちょっと怖いが、良しとしよう。

7_5

この立ち上がった馬もなかなかだったが、僕はどこかに違和感を覚えた。いったいどこだろう、不自然なところは? わかった! 尻尾だ! 龍とか麒麟とかに似合いそうなとっても中国的な造形だからだ。

8_8

こちらは『月の砂漠』で有名な千葉県の御宿の作品。

というのは嘘で、中国ウルムチの作品だ。シルクロードの入り口だけにラクダというのは当たり前といえば当たり前。

9_5

これは説明不要のフランス、パリのエッフェル塔。でも記念撮影している人はまばらだった。

同じ作品の製作途中の画像はこちらをどうぞ8月15日の記事です。

花とガーデニングの人気blogランキングに登録しています。

パパである僕のレポートを気に入ってくださった方は、応援のクリックをお願いします。

気に入った写真を良く見たい場合は、画像をクリックしてみてください。もっと大きい画像がご覧いただけます。

|

« いきなり反省:国際立体花壇大賽1 | トップページ | 美人の秘訣:国際立体花壇大賽3 »

海外レポート2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179584/12478877

この記事へのトラックバック一覧です: 比べて見ると面白い:国際立体花壇大賽2:

« いきなり反省:国際立体花壇大賽1 | トップページ | 美人の秘訣:国際立体花壇大賽3 »