« アピオスの実像に迫る! | トップページ | ぼくが自分で選んだタネ »

2006年11月20日 (月)

双子の赤ちゃんヒマワリ

Photo_98

『こいつはこんなに過酷な場所でもずうっと花を咲かせ続けて偉いなあ。寒くなってさすがに花が少なくなっちゃったけど。』

『パパぁ、どうしたの?』

『うん、この場所はさ、土が少なくってとっても乾きやすいんだ。それなのに、ずうっと花を咲かせてただろう? だからパパは感心してたんだ。』

『そっかなー。あっちのお庭に咲いているののほうが、ずうっと大きくなったし、たくさん花を咲かせてるじゃない。あっちだって乾きやすい所に植わっているよ!』

『この花は、ここにしか植えてないよ。』

『あっちにもあるよー。これはチビヒマワリでしょ?』

『あっ、そうか。サンビタリアと同じだと思ったのか。なるほどー。似てるっちゃー似てるよね。でも、これはダールベルグデージー。別の花なんだ。』

『・・・・・。ぼく、おんなじ花だなんて言ってないよ。チビヒマワリって言っただけだよ。どっちも赤ちゃんヒマワリみたいだから。』

花とガーデニングの人気blogランキングに登録しています。

ここをクリックして応援してくださると嬉しいです。

サンビタリアの前の記事はこちらです。

9月8日

|

« アピオスの実像に迫る! | トップページ | ぼくが自分で選んだタネ »

宿根草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179584/12660094

この記事へのトラックバック一覧です: 双子の赤ちゃんヒマワリ:

« アピオスの実像に迫る! | トップページ | ぼくが自分で選んだタネ »