« パパのシカゴレポート4 | トップページ | パパのシカゴレポート6 »

2006年8月 4日 (金)

パパのシカゴレポート5

13_6まだまだグラントパーク内。

今日は思いっきりアメリカンな植栽を紹介したい。

 『ヒマだ。』

 『暇じゃない。』

トウゴマとも言われるヒマだ。どことなくヤツデに似ているように見えないこともない。日本人である僕的には花壇には絶対に植えたくない植物なのだが、海外ではOKだ。

ヒマの株元に咲いているクリーム色の八重咲きの花はダチュラ。

 『ヒマだっちゅうら?』

 『暇じゃないっちゅうのっ。』

不意に笑いのツボを突かれてしまった僕は、笑いをかみ殺すのにとても苦労した。この時にもし誰かに顔を見られていたら、きっとちょっと頭のおかしい野郎だと思われたに違いない。

ここではさすがのクレオメも主役をヒマに譲るしかない。

 『くれっ!おめー。ヒマだっちゅうら?』

 『もう、いいっちゅうのっ!』

14_4さて、気を取り直して次に行こう!

こちらは当たり前といえば当たり前の植栽だ。僕が気分的にアメリカンと感じてしまっただけだ。だからこちらは、なんとなくアメリカン。

手前の左から、サーモンのキンギョソウ、白のニチニチソウ、黄色のランタナ、赤紫のペチュニア。中段は、空色のアゲラタム、黄葉はコリウス、白のクレオメ、ピンクのクレオメと続く。中心のノッポ達は、バーベナ・リギダ、カンナ、紫の葉はまだ咲いていないが、恐らく赤のロべりア・スペシオサだ。

11_8最後は気を取り直して、本物の思いっきりアメリカンだ。

ヘメロカリス。1日花なので英名はデイリリー。ご存知、日本に自生するニッコウキスゲやノカンゾウが太平洋を渡り、和風を捨ててメジャーとなった。まさにアメリカンドリームを成し遂げた植物。ヒトである日本人が、アメリカでヘメロカリスほどの成功を成し得た例を僕は知らない。

日本では、あの白くて不気味なアブラムシが蕾にどっちゃり着くのがどーもいただけない。ヘメロカリスが凱旋帰国して、アメリカと同じ成功を掴むにはまだ年月が必要だろう。

ちなみに僕が一番好きな野生種はヘメロカリス・シトリナ・ベスペルティナ。そうユウスゲだ。夕闇迫る頃にポッカリと咲く清清しい黄色の花、爽やかな香り。凛としたそのたたずまい。高原の匂いとともに、楽しかった大学時代の記憶を呼び覚ましてくれるからだ。

人気blogランキングに登録しています。<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">←パパである僕のレポートを気に入って下さった方は、応援のクリックをお願いします。

気に入った写真を良く見たい場合は、その画像をクリックしてみて下さい。拡大された画像をご覧いただけます。

|

« パパのシカゴレポート4 | トップページ | パパのシカゴレポート6 »

海外レポート2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179584/11143694

この記事へのトラックバック一覧です: パパのシカゴレポート5 :

» パパの海外レポート:シカゴ編5 [dinatpia22]
nice.. [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 09:34

« パパのシカゴレポート4 | トップページ | パパのシカゴレポート6 »