« パパのビバリーヒルズレポート10(最終回) | トップページ | ハブランサス »

2006年8月29日 (火)

パセリと幼虫

パセリの花が咲いたよ。パセリってこんなに大きくなるんだね。花は僕の胸ぐらいの高さで咲いたんだ。そうそう、この前ママがパセリの葉っぱを食べている幼虫を見つけたんだ。アゲハの幼虫みたいだった。

Photo_40

『パパぁ、パセリに幼虫がいたんだけど、何の幼虫かわかる? ぼく、アゲハの幼虫だと思うんだけど。』

『虫の図鑑を見てみたかい?』

『見たよ。でもおんなじのは載ってなかったんだ。』

『パセリはセリ科だからキアゲハだな。ニンジンにも卵を産むんだぞ。そうだっ。なんでキアゲハって名前なのか知っているかい?』

『羽が黄色いからでしょ。』

『そうかあ? 木が好きでよく木に集まってくるからだよ。だから木アゲハ。』

『えーっ、ほんとに?』

『本当、本当。』

『・・・・・。じゃあ、クロアゲハはどうなの?』

『・・・・・。』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

|

« パパのビバリーヒルズレポート10(最終回) | トップページ | ハブランサス »

昆虫」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

TAMAさん、アドバイスをありがとうございました。低い物陰ですね。息子と探してみます。狭い庭ですから発見できそうな気がします。

投稿: パパです。 | 2006年8月30日 (水) 22:41

残念ながら娘の恐怖症がかなりひどいので、アメリカに来てからは一度も羽化を見ていません。幼虫を見かけると娘に気付かれないようにそーっと陰の方に移動させておきます(笑)。

そうそう、アゲハの幼虫は芋虫の間はひたすらエサの上にいるのですが、いざサナギになろうとする日、それまでの動きからは考えられないほどの距離を移動するのです。大抵、低い物陰でサナギになっているようですよ。

投稿: TAMA @合衆国の片隅 | 2006年8月30日 (水) 07:24

TAMAさん、素敵?なエピソードをありがとうございました。娘さんには気の毒だったですけど、私は寄生蜂がさなぎから出てくるのを見たことが無いものですから、うらやましいです。我が家の幼虫は、息子に恐れをなしたのかどこかに行ってしまいました。きっと見つからないところでさなぎになっているのだと思います。何とか見つけて、息子に羽化の瞬間を見せたいものです。TAMAさんは、アメリカではどんな蝶を羽化させたのでしょうか?

投稿: パパです。 | 2006年8月29日 (火) 22:20

アゲハの幼虫、大好きです。日本ではアゲハ、キアゲハ、クロアゲハと見つけては持ち帰り家で飼っていたのですが、ある日、羽化を見ようと待ちかまえていたら…出てきたのが寄生蜂。それがショックで娘1号はいもむし恐怖症になってしまいました。
可愛いんですけどね。

投稿: TAMA@合衆国の片隅 | 2006年8月29日 (火) 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179584/11562208

この記事へのトラックバック一覧です: パセリと幼虫:

« パパのビバリーヒルズレポート10(最終回) | トップページ | ハブランサス »