« パパのビバリーヒルズレポート5 | トップページ | パパのビバリーヒルズレポート7 »

2006年8月24日 (木)

パパのビバリーヒルズレポート6

21_3トゥーロデオのショッピング街を後にして向かったのがこのホテル。リージェント・ビバリー・ウィルシャー・ホテルだ。映画『プリティ・ウーマン』で、ジュリア・ロバーツとリチャード・ギアのロマンスが始まったホテルだ。ふいに頭の中で、あのテーマソングの軽快なイントロが鳴り始めた。トゥーロデオの植栽はごく平凡だったので、ついついこのホテルには期待してしまう。さあ、超一流の証をみせてもらおうか。

本当は緊急事態でトイレを拝借しに寄らせてもらっただけだったんだけど・・・。

22_4

これは歩道に直接面した裏口。扉の両側にこのような壁泉が造られていた。ブルーのグロキシニアを使うところが憎い。身体の要請で少々焦っていたにも関わらず、僕はしばし立ち止まってしまった。グロニシニアも使う場所と色を選べば、こんなに落ち着いた感じになるのかと新鮮な驚きだった。僕はどちらかというとグロキシニアのケバさが苦手だったから。アイビーの使い方も良い雰囲気だ。

ホールのフラワーアレンジメントはどんな感じなんだろう、23_1 自然と期待が膨らんだ。

メインホールの中央のアレンジメントを撮った画像だ。意表を突かれたというか、良い意味で期待を裏切られた。ひょっとしてこれは、まさかね、でもきっと、と思いつつ近づくと・・・。

24_1 やっぱりアジサイだった。

なーるほど、裏口のグロキシニアはこれとコーディネートされていたわけか! さすがに超一流のホテルはやることが違う。花の効用を知り尽くしているのだろう。超一流と一流の差のひとつは植物の飾りにあるというのが、僕の持論だ。

それじゃあ、一体メインエントランスはどうなっているんだろう?

人気blogランキングに登録しています。<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">←パパである僕のレポートを気に入って下さった方は、応援のクリックをお願いします。

気に入った写真を良く見たい場合は、その画像をクリックしてみて下さい。拡大された画像をご覧いただけます。

|

« パパのビバリーヒルズレポート5 | トップページ | パパのビバリーヒルズレポート7 »

海外レポート2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179584/11538303

この記事へのトラックバック一覧です: パパのビバリーヒルズレポート6:

« パパのビバリーヒルズレポート5 | トップページ | パパのビバリーヒルズレポート7 »