« モモ3 | トップページ | クチナシ »

2006年7月11日 (火)

トウモロコシ2

2_6 トウモロコシの下のほうから、イソギンチャクみたいなものが伸びてきたのを、ぼく発見しちゃった。

『パパぁ、これなーに?』

『何だと思う?』

『ぼく、わかんない。』

『これもトウモロコシの花だよ。』

『えーっ! この間パパはてっぺんに咲いているのがお花だって言ってたじゃない。形が違うよぉ。花粉も出てないし。』

『そうだよ。だってこれはメスの花だから。先に咲いて花粉が出てたのはオスの花なんだ。こっちは花粉が出てなくって、めしべだけだからメスの花。イソギンチャクの触手みたいなのは全部めしべなんだよ。ちょっと触ってごらん。』

ぼくはちょっと怖かったけど、触ってみたんだ。

『あっ、べたべたしてる!』

『そう、こうやって空気中の花粉を捕まえるんだ。そしてトウモロコシのタネができるんだよ。だからみんなが食べるのはメスの花のほう。オスの花にはタネはできないんだ。』

『・・・・・。』

ぼくはとっても驚いちゃって、何にも話せなくなっちゃったんだ。想像もしてなかったからね。お花にオスとメスがあるってどういうこと? 虫や動物と一緒なの? そうしたら、花粉とめしべのあるふつうのお花は何なの? 何だか考えるのが怖いよー。 パパは時々ぼくをわざと怖がらせる嘘をつくし。

パパがいなくなったらママに訊いてみようっと。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してます。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

|

« モモ3 | トップページ | クチナシ »

野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179584/10864362

この記事へのトラックバック一覧です: トウモロコシ2:

« モモ3 | トップページ | クチナシ »