« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

パパのシカゴレポート1

1_5 高校生の頃に植物の魅力の虜になってしまった僕にとって、人に自信を持って趣味だと言えるのは園芸だけだ。

僕は仕事で結構海外に出かける機会がある。それは異国の土地土地の植栽を、写真でではなくこの目で眺められる幸せな時間だ。せっかくなので、これから折に触れてその様子を公開したいと思う。第一弾は7月下旬に行ってきたシカゴ編だ。

シカゴは、アメリカで3番目に大きな都市だ。現代建築とブルースで有名な街は、メジャーリーグでは井口のいるホワイトソックスと、カブスの本拠地でもある。映画『アンタッチャブル』の舞台としても有名だ。

ミシガン湖畔に位置するため、意外に夏でも涼しい。昼間は30℃を越えるが、夜温は20℃ぐらいにまで下がる。夜中に一息つけるせいか、暑さが苦手な植物も結構頑張って育っている。

2_16今回は運良くダウンタウンで半日フリータイムを作ることができた。前の晩に、グラントパークに面するコングレスプラザホテルに泊まり、翌朝7時半からいつもの楽しみである街中の植栽ウォッチングを始めた。スタートはグラントパークからだ。

アメリカの植栽なんて、野暮ったくて全く興味がないって人が多いけど、僕はそれは偏見だと思う。確かに10年前までは、それこそ花が植わってればいいんだろう的な、まるでペンキで塗ったような花壇ばかりだったのは紛れもない事実だ。

でも、実はこの10年で急速にセンスが良くなっている。少なくとも日本の公共植栽は、アメリカににまでずっと遅れをとってしまったと断言できる。そしてヨーロッパより気候が日本に似ているシカゴの植栽は、参考になる点が多いと僕は思う。

3_13上の写真は朝の雰囲気を出すために、わざと逆光で撮ってみた。右奥に芝刈りのおじさんも写ってるのがわかるかな? 反対側から順光で撮ってみた写真がこれだ。

クレオメが良い感じだ。花のステージで色が変わり、自然なグラデーションで優しい雰囲気を醸し出す花序。西洋風蝶草の和名とともに、子供の頃に路地裏で見たその姿と、弾けそうな莢からタネを集めて遊んだ記憶が蘇えってきた。

クレオメとカンナで高さとリズム感を出し、低いほうは黄花コスモスとナスターチューム、白のニチニチソウでまとめている。サルビア・ファリナセアの青は、色と高低差のバランスを引き締めるスパイス役といったところだ。赤のサルビア・スプレンデスはまだ目立たないが、ジニアの明るいローズピンクが良いアクセントになっていた。

どこにでもあるようなとてもオーソドックスな植栽だけど、黙っていたらここがアメリカだと気付いた人は少なかったんじゃないかな。

人気blogランキングに登録しています。<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">←パパである僕のレポートを気に入って下さった方は、応援のクリックをお願いします。

気に入った写真を良く見たい場合は、画像をクリックしてみてください。もっと大きい画像がご覧いただけます。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年7月30日 (日)

ピーナッツ3

3_10 待ちに待った夏休みの始まって、ぼくは嬉しくって早起きするようになっちゃったよ。小学校に行く日はパパに起こしてもらわないと起きられないんだけどね。まだパパとママが寝てたから、ぼくはひとりでお庭に出たんだ。そしたら大変なことに気が付いちゃったんだ。

『パパぁー! 大変、大変! 

ピーナッツが枯れちゃったよー!

来て、来て! 早く、早くー!』

『えーっ! 枯れてないと思うけどなー。』

『絶対枯れてるもん! 葉っぱが元気なくっなっちゃってるもん!

早く起きて、見に来てよー。』

『そっかぁ? 大丈夫だと思うんだけどなあ。』

『ほーら、枯れちゃってるでしょ。2株とも。』

『そうだねー、枯れてるみたいにみえるねー。

でも枯れてないんだよ。寝てるだけなんだ。』

『えっ! ピーナッツって夜寝るの?』

『そうだよ。誰かさんと一緒さ。歯軋りはしないけどね。』

『当たり前じゃん。植物に歯なんてないんだから。』

『あるよー。ほら、これは?』

『それは葉っぱでしょっ!』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

アシダンテラ

Photo_38

雨ばっかりの梅雨のあいだに、ぐんぐん葉っぱを伸ばしたお花があるよ。春にパパと一緒に球根を植えたこのアシダンテラ。

新しいお家に引っ越してきたのが12月の終わりごろだったから、チューリップとかの秋に植える球根をぜんぜん植えられなかったんだ。だからこのお花の他にも色々と球根を植えたんだよ。その中で一番最初に咲いたお花。

ぼくはこのお花が咲いた時に、ちょっとびっくりしちゃった。お花って、綺麗か、可愛いか、ちょっとカッコいいかだけだと思ってたから。それなのにこのお花は、ちょっと怖そうで、悪そうで、強そうだったんだもん。何でかなーって考えたらわかったよ! 爆竜戦隊アバレンジャーに出てくる、アバレキラーに似てたから!

Toe001033  

ママだって、『近くから見た時には、ちょっとどーしてこの花を植えたんだろうって感じだったけど、少し離れたところから見てみたら、なかなか魅力的だった。』 って、パパに言ってたもん。ぼくとおんなじで、ママも最初はちょっと怖かったんじゃないのかな。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

イレシネ

Photo_34 お庭で一番目立っている葉っぱはこれだよ。コリウスよりも目立っちゃってる。イレシネっていうんだって。ぼくにはちょっと覚えにくい名前なんだ。

『赤いイレシネはなかなか良いなぁ。凄い存在感だ。コリウスはコリウスで目立つけど、こっちの方が株が大きくなり過ぎない分だけ使い易いよな。

真夏に日当たりが良すぎると葉やけを起こすっていわれてるけど、今のところ大丈夫そうだ。このままもつかなー。』

またパパがブツブツ言ってるよ。

葉っぱに緑色のところがぜんぜん無くて花びらみたいな色だなんて、変な草だよねー。まだお花は咲いてないけど、もしお花が緑色だったらどうしよう? それとも、お花も葉っぱと同じ赤かな。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

コリウス

Photo_36 お花より目立っちゃってるこの葉っぱはコリウスっていうんだって。夏休みに入るちょっと前から、ぐんぐん大きくなっちゃった。どうしてこんな色の葉っぱになっちゃうのか、ぼくにはわからないよ。誰かが上手に色を塗ったみたいな感じだよね。

葉っぱの色もカッコいいけど、株の形も強そうでカッコいいんだ。前にぼくとパパが裏技でカッコよくしたんだよ。

『ちょっと強い枝が伸び過ぎて、株のバランスが悪くなっちゃったな。ここをピンチしても株元の枝が少なくて、イマイチだ。』 

『パパぁ、何してるの?』

『これかい? 伸びすぎちゃった枝を切って、それをそのまま地面に挿しているのさ。株元にこうやって挿すとカッコよくなるだろう。』

『根っこが無いけど、枯れないの?』

『まだ梅雨が明けてないから、きっと大丈夫だよ。』

『今度はぼくにもやらせて。』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

ネペタ

Photo_18  『この葉っぱの匂いを嗅いでごらん。この花はキャットミントっていって、スーッとする良い匂いがするはずだから。』

パパがそう言ったから、ぼくが最初に嗅いでみたんだ。ぼくはお花の匂いや葉っぱの匂いを嗅ぐのが好きだからね。

『うわっ、変な臭いっ! ぜんぜん良い匂いじゃない。パパ、またぼくを騙したなーっ!』

『えっ! そんなことないだろう。』 ってパパも嗅いでみたんだよ。

『ホントだ。良い匂いじゃない。変だなー。確かに白くて小さい花の普通のキャットミントとは違うんだけど・・・。知らなかった・・・。嫌な臭いのもあるんだ。花が綺麗そうだからわざわざこれを選んだのに・・・。』

品種の名前は 『キャンディーキャット』 だよ。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

ハナミズキ

Photo_16

これはね、ハナミズキの実なんだよ。

苗木を買ったのは1月。新しいお家に引っ越してきてすぐの頃だったんだ。ホームセンターの園芸売り場で、いつものようにぼくがひとりで探検している時に変な名前の木を見つけちゃったからなの。

『パパぁ、変な名前の木があったよ。こっちに来て、来て。早く、早くー。変なんだからー。』

『何、何。何があったんだい?』

『ほらっ! ハナミズノキだって! 変でしょ。』

『・・・・・。

そうだね、おかしな名前だねー。どうしてハナミズノキっていうのかわかるかい?』

『ぼく、わかんない。どうして?』

『それはね、枝の先が膨らんでるだろう。これは何かわかるかい?』

『つぼみでしょ。』

『そう、よくわかったね。この蕾の中に鼻水みたいな液が入ってるからなんだ。』

『えっ!』

『この蕾がこれからどんどん大きく膨らんで花が咲く時に、中からタラーンって透明な液が垂れてくるからなんだよ。お庭にハナミズノキを植えて観察してみるかい?』

『うん! 買う、買う!』

でも、これはパパの嘘だったんだよ。どうしてパパはこんな嘘つくのかなあ。

品種の名前は 『クラウドナイン』 だよ。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

アベリア

Photo_28

お隣のみーちゃんのお家との間には、もともとサツキとツツジしか植わっていなかったんだ。ぼくんちの駐車場の西側なんだけど、車が止まっていない時にはとてもカッコ悪い感じだったんだよ。だからママがもっと見栄えが良いように変えてちょーだいって、パパにお願いしていたんだ。

ブロック2段の低い境の部分は、ぼくやみーちゃん、だいちゃんがお庭から直接行き来する大事な通路。何を植えてもぼくたちが踏んじゃうから、この部分だけはパパはサツキを残したんだ。あとのツツジとサツキはみーんな抜いちゃった。でも捨てたんじゃないよ。ゴミ捨て場の横の雑草だらけところに引越ししてもらっただけだから。

代わりに植えたのは、道路側から、リッピア、タニウツギ、アジュガ、ライラック、アベリア。サツキを挟んで、黄金モチノキ、ソラナム、西洋イワナンテン、カシワバアジサイ、アジュガ、エニシダ、ラミウム、シモツケ、アカンサス。パパが大変身させちゃった。

新しく植えるお花をパパが選んでいる時に、ママは 『何とかウツギだっけ? よく公園に生えている。あれだけは植えないでね。』 って言ってたんだよ。

『白い小さな花が長く咲く奴のことかい?』

『そう。ツンツン枝が伸びてどうしようもなくっちゃう奴よ。』

『アベリアだな。ツクバネウツギのことだろう。』

『そうそう。アベリアを植えた場所って何だか荒れた雰囲気に見えるから嫌なの。』

『でも長いこと花が咲くし、丈夫だし、結構良いもんだよ。矮性の品種はツンツン枝がのびることもないし。斑入りの品種は冬でも綺麗だしさ。』

『・・・・・。』

『気に入らなかったら抜けばいいからさ。』

そうして植えられたのが、この 『コンフェッティー』 だよ。まだ抜かれていないから、ママも気に入ったんじゃないかな。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ナス

Photo_33 ママがナスも植えてみたいっていうから、この前3人でホームセンターに苗を買いに行ったんだ。

ナスにも色んな形や色があるんだね。写真に細ながーい実がなるのがあって、ぼく、へーって面白かったんだ。『どの品種にしよっか?』

『普通の美味しいナスがいいわ。』

『普通のでいいの? お店で買えるやつで?』

『そうよ。』

『・・・。それならこの千両2号だな。ベストセラーだし。』

『トマトみたいに株が大きくなってあばれたりはしないかしら?』

『トマトと比べたらナスがかわいそうだよ。邪魔になるほど大きくなることはないさ。』

パパは珍しい種類を買いたかったみたいだね。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

エンジェロニア

Photo_37 パパはこのお花を育てるのを楽しみにしているんだ。

『これは暑さに強いんだからな。日本の夏にもってこいの花なのに、まだあんまり知られていない。最近は綺麗なピンの品種も出てきたし、そろそろブレイクしそうなもんだけどな。

そもそもアンゲロニアっていう名前で損してるんじゃないか? 響きが汚いよな。英語読みでエンジェロニアにしたほうがずっと売れそうだよ。天使の何とかって言えば何だか買いたくなるじゃん。』

またパパがぶつぶつ言ってたよ。

『そうだ、クイズだぞ。エンジェルって英語でどういう意味だっけ?』

『魔法使いでしょ。』

『・・・・・。まあいっか・・・。』

品種の名前は 『セレナ ラベンダーピンク』 だよ。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

アサガオ3

3_6  これはぼくが小学校の理科の実験でタネを播いて育てたアサガオだよ。

夏休みになるからって、お家にもって帰ってきたんだ。お家でパパと一緒に播いたアサガオとはぜんぜん違う大きさだよね。ツルもどんどん伸びている。

お家でパパに見せたら、『いやー、よく育ってるなー。こんなに差がついちゃったか。』 だって。

『そうだよ。土にはモトヒを入れてあるんだからね。それからだいぶ大きくなった後でツイヒもあげたんだ。この白いつぶつぶがそう。』

『へー。小学校で元肥とか追肥とかって言葉も教わるんだ。本格的だなー。』 パパは何だが嬉しそう。

『そうだよ。ペットボトルでエキヒも作ってあげたんだから。アブラムシがついちゃった時には、農薬じゃなくてー、何だっけかなー。炭から作る煙臭い水を霧吹きでかけてあげたりもしたんだよ。』

『ええっ、木酢液のことかい? そこまでやったんだー。大したもんだ。』

へへんっ! ぼく、パパを驚かしちゃった。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月20日 (木)

アサガオ2

2_10 ぼくの小学校に来年入学してくる新入生のためにタネを採ってあげることになっているアサガオが咲いたよ。

パパが言ってた通りで、理科の実験でずっと早くに播いて大きくなっていた株と花が咲いた時期は一緒になっちゃった。

2年生の隣のみーちゃんに、『あれー、まだアサガオのタネを播いてないのー。』 って言われちゃった時にも、パパは、『早く播いても遅く播いても咲く時期は一緒。あんまり早く播いちゃうと蔓ばっかり伸びて始末に困るからな。慌てる必要はないよ。タネもちゃんと採れるから。』 って自信満々だったからね。みーちゃんにこう言われる前からママだってずいぶん焦っていたんだよ。

5つタネを播いて4つ芽が出て株は、ちっちゃいまんまでこれまでにピンクが2株咲いて、今日は紫と水色が初めて咲いたよ。ぼくはピンクより紫と水色のほうが好きなんだ。だから何だか嬉しかったよ。この色の花なら、ぼくが来年タネをあげる子もきっと喜んでくれるよね。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

モモ4

4_2 今日はとうとうモモを採ったどーっ! そしてすぐにママと2人で食べたんだ。もちろんパパにも残しておいてあげたよ。

おいしかったぁー! やっぱりね。お庭でぼくが一番楽しみにしていた植物だったから。ブルーベリーより、ぜんぜんおいしかった。匂いもいいし、甘くて汁いっぱいで、買ったモモと同じだったよ。実はだいぶちっちゃかったけどね。今年初めて食べたモモだったし、ぼくはタネのまわりまでしゃぶり尽くしちゃった。

『ママぁ、このタネどうする? 播いたらモモの木が増えるでしょ。 播かない?』

『パパに訊いてごらんなさい。』

お家に帰ってきたパパは、『おーっ、収穫できたか。どうだったかな味は?

ちょっと甘みが少ないかな。まあ、今年は晴れの日が少なかったから仕方がないか。これでもうちょっと実を大きくできたら十分満足だ。モモは初めて育てたけど、楽しいもんだな。よーし、来年は気合入れて、絶対にもっと大きいのをならせてみせるぞ。葉が散ったら、スペシャルブレンドの土に植え変えてあげよう。』

『パパぁ、このタネどうするぅ? 播いたらもっとたくさんモモが採れるようになるんじゃない?』

『播いてもいいよ。でも美味しい実がなる木になるかはわからないなあ。家の木も来年には大きくなるから今年よりたくさんならすことができるようになるよ。』

どうしよっかなー。ひとまず今日のタネは捨てちゃったけど、あと2つ実が残ってるし。パパに秘密でお庭のどこかに播いちゃおっかな。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

モモの前の記事はこちらです。

7月10日

6月17日

5月30日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

ブルーベリー4

4_1 結局、鳥には、CD攻撃も、こわーい顔のネコも、くるくる羽の鳥もみんな通用しなかったんだ。朝、学校に行く前に見てみると、明日には甘くなってそうだってぼくが見つけておいた大きい実がいつもなくなってるんだ。

ぼくが選んだこわーい顔のネコなら、きっとブルーベリーを守ってくれると思ったのにな。ぼくだって、鳥が怖がるようにって、ネコの顔の向きを色々と変えてみたんだけどね。

ぼくもガッカリだったけど、パパもガッカリしてたよ。

『これだけやれば何とかなると思ったんだけど・・・。

よーし、最後の手段だ。これから網を買いに行くぞっ。』

そしてパパと自転車でダイソーに行ったんだ。怖い顔のネコも、くるくる羽の鳥もダイソーで買ったんだよ。

『よーし、完成! これでもう大丈夫だ。明日からは毎日ブルーベリーが食べられるぞ♪

でも、何だか網のせいで庭の雰囲気が壊れちゃったな。何か他に良い方法はないんだろうか?』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

スカシユリ

Photo_24 これは自治会で配ってくれたユリの球根が咲いた時の写真だよ。

僕んちではもっと早くにユリの球根を植えていたんだ。パパは、『今頃になって球根配るんじゃ、ちょっと遅いよ。もう芽が動いてるし、ちょっとしなしなになっちゃってるし。ちんちくりんで咲いちゃうかもな。』 って言ってたよ。

でも、ちゃんと同じように元気なお花が咲いてくれたんだ。ユリって球根を植える時期を変えると、お花の咲く時期を変えられるんだね。

『どの色のユリが一番好きだったかい?』

『えっとー、ぼくはこの黄色いのかな。』

『どうして?』

『真ん中に模様があるのがカッコいいから。』

『そっかー。それじゃあ、どうしてスカシユリって名前になったかわかるかい?』

『ぼく、わかんな-い。』

『花を上から見た時に、花びらと花びらの間がに隙間ができて、向こう側が透けて見えちゃうからさ。』

『隙間はないねー。向こうもみえないねー。』

『野生種にはちゃんと隙間があるんだよ。』

『どうして隙間がないのまでスカシユリなの?

スケテない♪、スケテない♪、ぜったい透けてない♪。くるーま売るなら、ティーアップ♪』

『・・・・・。』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

カリフォルニアライラック

Photo_30 この空色のお花はカリフォルニアライラックっていうんだって。パパがお仕事でカリフォルニアに行った時に、あっちこっちでたくさん咲いてとっても綺麗だったんだって。ホームセンターで苗を見つけた時に、パパは 『これは綺麗な青い花が咲くんだぞー。』 って自信満々で買ったお花だよ。

この写真は5月29日に撮ったんだ。

『あれー、今頃また花が咲いたぞ。狂い咲きかなー。今年の5月は異常気象だったからな。雨ばっかりで涼しかったからまた花が咲いちゃったんだろう。』

パパは文句言っているようにも、嬉しがっているようにも見えたよ。

『何となく日本で見るほうが青味が薄いような気がするな。カリフォルニアではもうちょっと良い色だと思ったのにー。』

何だかパパの文句が多くなってきたよ。

『でもどんどん木が大きくなっているし、来年の春が楽しみだな。でもここの冬の寒さに耐えられるかどうか・・・。

まあ、そのために家の南の壁沿いに植えたんだからな。エスパリア風に仕立てて頑張れるか試してみよう。その前に夏の暑さに耐えられるかの心配が先か・・・。頑張れ、セアノサス。』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

アスチルベ

Photo_31 これは今ではもう茶色になっちゃってるど、この間まで咲いていたお花だよ。アスチルベっていうんだって。なーんかカッコ悪い名前だよね。

お庭には色んな植物が植わっていて、色んな色のお花が咲いたんだ。でも赤のお花だけは無かったよ。どうしてかなあ?

『やっぱり赤いアスチルベにして良かった。ハクロニシキとのコントラストが良かったし、隣のデルフィとも開花が揃ったし、赤と青のコントラストだってなかなか良いじゃん。』

パパは結構このお花を気に入ったみたいだ。だけど、ぼくはちょっと納得がいかないよ。パパは赤って言ってるけど、ぼくは赤じゃなかったと思うんだ。だってね、ちょっとピンクっぽかったもん。この写真をみればわかるでしょ。赤じゃないよ、このお花は。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

黒いトマト2

2_4 黒いトマトがどんどん大きくなって、実もたくさんなってるよ。背ももう少しでぼくと同じくらいになりそう。またぼくが抜かれちゃうのかなぁ。やだなー。

葉っぱも大きく伸びていて、ぼくが自転車を出す時にこすっちゃうんだ。そうするとトマト臭い空気になっちゃう。トマトは実だけじゃなくて葉っぱ茎もどこもトマトの臭いがするんだね。あのおいしくなさそうな臭い。もうちょっと良い匂いだったら良かったのにな。

でも緑からどういう風に黒くなるのかを見るのは楽しみなんだ。緑から黒くなるのかなあ。赤になってからかなあ。それとも黄色になってからかなあ。実の形はぼくの知ってるトマトとはちょっと違うんだ。丸じゃなくて何だか細っぽくて変な形。早く色が着いてこないかなー。

品種の名前は 『ブラックプラム』 だって。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

クチナシ

Photo_29 最近、お庭にあまーい匂いがするようになったんだ。ぼくはどのお花の匂いなのかなって探してみたよ。そしてすぐにわかっちゃった。正解は、この白いお花でしたー。ぼく、この匂い結構好きだよ。

『パパぁ、これは何ていうお花?』

『これはクチナシっていうんだ。』

『えっ! クチナシって梨の仲間なの?』

『残念っ! 確かにナシってついてるけど、梨じゃないんだ。どうしてクチナシって名前なのかは実がなったら教えてあげるよ。

そうだっ、クイズだぞ。千と千尋の神隠しに出ていた妖怪はなーんだ?』

『・・・・・。 カオナシー!』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

トウモロコシ2

2_6 トウモロコシの下のほうから、イソギンチャクみたいなものが伸びてきたのを、ぼく発見しちゃった。

『パパぁ、これなーに?』

『何だと思う?』

『ぼく、わかんない。』

『これもトウモロコシの花だよ。』

『えーっ! この間パパはてっぺんに咲いているのがお花だって言ってたじゃない。形が違うよぉ。花粉も出てないし。』

『そうだよ。だってこれはメスの花だから。先に咲いて花粉が出てたのはオスの花なんだ。こっちは花粉が出てなくって、めしべだけだからメスの花。イソギンチャクの触手みたいなのは全部めしべなんだよ。ちょっと触ってごらん。』

ぼくはちょっと怖かったけど、触ってみたんだ。

『あっ、べたべたしてる!』

『そう、こうやって空気中の花粉を捕まえるんだ。そしてトウモロコシのタネができるんだよ。だからみんなが食べるのはメスの花のほう。オスの花にはタネはできないんだ。』

『・・・・・。』

ぼくはとっても驚いちゃって、何にも話せなくなっちゃったんだ。想像もしてなかったからね。お花にオスとメスがあるってどういうこと? 虫や動物と一緒なの? そうしたら、花粉とめしべのあるふつうのお花は何なの? 何だか考えるのが怖いよー。 パパは時々ぼくをわざと怖がらせる嘘をつくし。

パパがいなくなったらママに訊いてみようっと。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してます。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

モモ3

3_3 昨日、今まで袋がけをしてた鉢植えのモモ『白鳳』の袋をはずしたよ。

実験のために袋をかけなかった実はもう真っ赤になってるけど、ところどころへっこんで形が悪くなっちゃってるんだ。

パパは、『たぶん虫に吸われちゃったためじゃないかな。』って言ってたけど、ママは、『もし栗みたいに、中に虫が入っていたらどうするの?』って心配してるんだ。

袋がけをしたほうは、ぼくが丁寧に袋をはずすと中からどこもへっこんでない綺麗な形のモモが出てきたよ。色はまだ白っぽかったけどね。

『お日さまに当たると赤くなるんだ。あと10日ぐらい待てば食べられるんじゃないかな。』 ってパパ。

『あっ、モモの匂いがするぅ! いーい匂い! もう食べれそうだよ! 食べたい、食べたい。』

『もうちょっとの辛抱だ。まだ匂いだけで味は美味しくないと思うよ。』

『ぼくはもうモモが食べたくなっちゃたの。』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してます。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

アガパンサス

Photo_26

この空色の綺麗なお花は玄関のそばに植えてある。今はちょうどぼくの身長と同じくらいの高さだよ。だからぼくの顔のところにお花がくるんだ。でもぼくのほうがちょっと背が高いんだよ。

実はね、パパに内緒で毎朝小学校に行く時に背比べしてたんだ。だって、また抜かれちゃうんじゃないかと心配だったんだもん。抜かれなくって良ーかった。

最初に、『このお花の名前はアガパンサス。』 って、お花が咲く前にパパが教えてくれた時に、ぼく驚いて聞き返しちゃった。確かに太い茎が出てきて、にょきにょき大きく伸びてきたからね。

『アスパラガス? ほんとぉ?』

『えっ! 違うよ。アスパラガスじゃなく、アガパンサス。・・・・・。まあ、似てるっていえば似てるかな。』

『・・・・・。パパはさっきアスパラガスって言ったよー。』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してます。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

クロトン

Photo_10 パパは玄関のところを夏っぽくしたいんだって。この変わった葉っぱの木のことを結構気に入っているみたい。

クロトンの日本語の名前は変わった葉っぱの木だから、ヘンヨウボク(変葉木)っていうんだって。なんかカッコ悪いよね。ぼくはクロトンのほうが好きだな。

『もう夏だからな。玄関はトロピカルな雰囲気にしよう。

フフフ、クロトンを門柱の脇に植えちゃうなんて、我ながらセンスが良いぜ。

クロトンをこんな使い方している家は今まで見たことがないからな。ちょっと目立っちゃうかもなー。

冬に枯れちゃっても全然気にしなーい♪。

観葉植物は外に植えてみなきゃいかんよー♪。』

まただよ。パパのシャレ。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してます。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

コニファー

Photo_22 ぼく、大発見しちゃったよ。お庭に面白い実がなる木を見つけたんだ。その実がこの写真だよ。なにかに良く似てると思わない?

ぼくはすぐに名前をつけちゃった。

名前はね、『もやっとボールの木』に決定! ほんと、そっくりでしょ。ママに教えてあげたら、そっくりねーってとっても喜んでくれたんだ。

パパも喜んでくれるよね、きっと。早くパパにもぼくの大発見を教えてあげたいな。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

デルフィニウム

Photo_21 パパは青いお花が大好きなんだ。だからお庭には色んな種類の青いお花が植えてある。

『これはデルフィニウムっていうんだ。綺麗な青だろう。』

『うん!』

『どうしてこの花がデルフィニウムって名前になったかわかるかい?』

『ぼく、わかんなーい。』

『何かに似ているからだよ。この間のお休みの日に水族館に行っただろう。そこで見たよ。』

『青い熱帯魚?』

『残念。もっと大きいよ。』

『わかんない。ヒントぉ。』

『英語でドルフィン。』

『どるふぃん? わかんないよー。』

『ショーを見せてくれたじゃない。』

『あっ、イルカかぁ。』

『スペイン語ではイルカのことをデルフィンっていうんだ。蕾の形がイルカに似ているからなんだよ。ほらっ。

・・・・・。』

『似てないねー。』

『これは距がない品種だった・・・。』

『きょって?』

『お花のシッポのことだよ。このデルフィニウムはシッポのない花が咲く奴だったんだ。』

『つまんないなー。ぼく、イルカの形の蕾を見たかったのにー。』

『今度苗を買うときはシッポのある品種を買うよ。』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに参加してるの。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

フェイジョア

Photo_19 フェイジョアの花が咲いたよ。これもパパが初めて育てる木。美味しい実がなるんだって。ブルーベリーと同じで1本では実が着き難いらしいんで、お庭には2つの品種を植えたんだよ。

先に咲いた『トライアンフ』と、やっと今日咲いた『マンモス』。写真は花びらが目立たないマンモスのほう。

トライアンフが咲いた時にパパは、『マンモスの蕾はまだすぐには咲きそうにないな。受粉できるかなあ。どっちも蕾が少ないんだから。おーい、早く咲いておくれよー。』 だって。だからパパは毎朝マンモスの花が早く咲くように応援してたんだ。

今朝のパパは上機嫌。だってギリギリでどっちにも花粉をつけられたんだもん。

『やったぜー、どっちにも受粉できた。ぎりぎりセーフ! トライアンフの花粉はもうなくなりそうだったからな。今年実がならなきゃ、大ガッカリのところだった。』

『今度はぼくに花粉つけやらせてね、パパ。』

『いいともーっ!』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してるよ。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

ブルーベリー3

3_2 ブルーベリーが青くなり始めたよ。ワイルドストロベリーと一緒で、ぼくは毎日お家に帰ってからすぐに食べられる実がないかなって必ず見に行くんだ。ブルーベリーはモモの次にぼくが楽しみにしているものだからね。

もういいっかなーって最初の1個を食べたのは先々週。やったー、やっと食べられるーって採った時は嬉しかったんだけど、すっぱくてあんまり美味しくなかったんだ。パパに話したら、『ハハハッ、焦ったなー。』って笑われちゃった。だからその次はもうちょっと青くなった実を食べたんだ。だけど、またすっぱーだった。口惜しかったからパパには食べたのを内緒にしたんだ。それで今度こそって、もっと青くなったのを食べたんだけど、またまたすっぱーだったの。パパに、『どうだい、今日は美味しかった?』って訊かれちゃったから、仕方なく、まだすっぱかったって答えたんだ。パパは、『まーた焦ったなー。』だって。いやんなっちゃう。

今度は絶対に甘い奴を食べるって、ちょっと食べてみるのを我慢してたら、ぼくがいつ採ろっかねーて楽しみにしていた実がみんな無くなっちゃってたんだ。ぼく、びっくりしちゃったよ。パパに話したら、『とうとう鳥にやられたかー。連中は一番美味しくなる時をちゃんと知ってるんだからなー。よーし、ブルーベリーを守るぞ! まずはCD攻撃だー。』ってCDをぶら下げてくれたんだ。

それでぼくはやっと甘い実を食べられたんだ。だけどね、安心してたらまた実が無くなっちゃったの。パパは、『CD攻撃もあんまり効果なしか。じゃあ明日、くるくる羽が回る鳥とか鳥除けアイテムを買ってきて。』ってママにお願いしたんだ。

それでぼくとママが買ってきたのが、目が光る怖ーいネコとくるくる羽の鳥。きっと鳥も怖がるよ。これでもう安心だよね。

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに参加してるの。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

トウモロコシ

Photo_4 これでもお花なんだって。パパに言われてぼく驚いちゃった。とてもお花には見えないよねー。これはトウモロコシのお花なんだって。普通のトウモロコシの半分くらいの長さにしかならない小さな実がなる種類なんだってさ。

そしたらパパが、『この黄色くぶら下がっているものはな~んだ?』 だって。またパパのクイズが始まった。

『花粉?』

『ピンポン、ピンポン、大正解! 良くわかったねー。そう、花粉だよ。花粉は花にしかできないから、これは花なんだ。』

『じゃあ、花びらはどこなの?』

『えっ、花びらぁ!? たぶん無いんだよ。』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングへ</A>

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

ヤエヤマノイバラ

Photo_20 パパはぼくに内緒で、もう1種類一重のバラを植えていたんだ。『八重山乙女』っていう品種なんだって。

『おーっ、咲いたぞ咲いた、ヤエヤマノイバラが。思ったより大きい花だな。花びらがハート型で何だか可愛いじゃん。一重で白い普通の花だけどどこか存在感がある。香りもしつこすぎなくてなかなか良い。

ノイバラっていうのに房咲きにはならないのか。変わってるな。後はどれだけ暑さに強いかだけだな。これで真夏にも花が咲いたら凄いぞ! ヤエヤマノイバラ、気に入った!』 パパはとっても上機嫌。

『ねえ、パパぁ。これでも八重のバラなの?』

『いや、一重だよ。』

『だって八重ヤマノイバラって言ったじゃない?』

『ああっ、そっかー。そうだねー。八重じゃなくて八重山なんだよ。八重山諸島に生えてるバラだからヤエヤマノイバラ。前に遊びに行った石垣島で見つかったんだぞ。』

『ぼく、また石垣島に行きたくなっちゃった。』

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?304916">人気blogランキングに登録してます。

ほんわかしたらこの上のところ↑をクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »